ホーム > 市政情報 > 市議会 > 本会議・委員会 > 提出議案と議決結果 > 平成29年第5回(9月)定例会

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

平成29年第5回(9月)定例会

議案

議案の概要(PDF:202KB)

議案番号

件名

議決結果

賛成者

討論要旨

第39号議案 平成29年度尾張旭市一般会計補正予算(第2号) 原案可決 全員  
第40号議案 平成29年度尾張旭市国民健康保険特別会計補正予算(第2号) 原案可決 全員  
第41号議案 平成29年度尾張旭市土地取得特別会計補正予算(第1号) 原案可決 全員  
第42号議案 平成29年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計補正予算(第1号) 原案可決 全員  
第43号議案 平成29年度尾張旭市介護保険特別会計補正予算(第2号) 原案可決 全員  
第44号議案 平成29年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 原案可決 全員  
第45号議案 平成29年度尾張旭市公共下水道事業会計補正予算(第1号) 原案可決 全員  
第46号議案 尾張旭市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について 原案可決 全員  
第47号議案 尾張旭市営バスの指定管理者の指定について 原案可決 全員  
同意案第15号 教育委員会委員の任命について 同意する 全員  
認定第1号 平成28年度尾張旭市一般会計歳入歳出決算認定について 認定する 多数

認定第2号

平成28年度尾張旭市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 多数
認定第3号 平成28年度尾張旭市土地取得特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 全員  
認定第4号 平成28年度尾張旭市旭平和墓園事業特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 全員  
認定第5号 平成28年度尾張旭市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 全員  
認定第6号 平成28年度尾張旭市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 多数
認定第7号 平成28年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について 認定する 多数
認定第8号 平成28年度尾張旭市水道事業会計利益の処分及び決算認定について 原案可決及び認定する 全員  
意見書案第3号 国の道路整備予算の確保及び道路整備に係る補助率等の嵩上げ措置の継続を求める意見書 原案可決 多数
意見書案第4号 定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書 原案可決 全員  
意見書案第5号 精神障害者に対する公共交通機関の運賃割引制度の適用についての意見書 原案可決 全員  
意見書案第6号 国の私学助成の増額と拡充に関する意見書 原案可決 全員  
意見書案第7号 愛知県の私学助成の増額と拡充に関する意見書 原案可決 全員  

陳情

議案番号

件名

議決結果

賛成者

討論要旨

陳情第3号 定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める陳情書 採択 全員  
陳情第4号 精神障害者の交通運賃割引に関する意見書提出の陳情 採択 全員  
陳情第5号 国の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書 採択 全員  
陳情第6号 愛知県の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める陳情書 採択 全員  

 

賛否が分かれた議案等

 

フロンティア旭

市民まちづくりネット 公明党尾張旭市議団

つなぐ

日本共産党尾張旭市議団

件名

秋田進

さかえ章演

武田なおき

成瀬のりやす

にわなおこ

まつだまさる

松原たかし

森和実

若杉たかし

大島もえ

篠田一彦

早川八郎

牧野一吉

芦原美佳子

片渕卓三

丸山幸子

岩橋盛文

花井守行

みとべ茂樹

川村つよし

榊原利宏

平成28年度尾張旭市一般会計歳入歳出決算認定について

×討

×

平成28年度尾張旭市国民健康保険特別会計歳入歳出決算

認定について

×討

×

平成28年度尾張旭市介護保険特別会計歳入歳出決算認定

について

×討

×

平成28年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決

算認定について

×

×

国の道路整備予算の確保及び道路整備に係る補助率等の

嵩上げ措置の継続を求める意見書

〇討

×討

×

〇・・・賛成、☓・・・反対、欠・・・欠席、退・・・退席、病・・・採決時に病気による欠席
議長(片渕卓三議員)は、採決に加わりません。
印の下に「討」とある議員は、討論を行った議員です。
予算・補正予算、決算に付随する資料は、市役所南庁舎1階市政資料コーナーでご覧ください。

討論要旨

討論要旨は、内容を要約して掲載しています。
詳細については、議会中継(外部サイトへリンク)の録画映像配信でご覧いただけます。
また、会議録検索システム(外部サイトへリンク)でもご覧いただけます。(会議録は、会議終了後の約2ヶ月後に公開されます)

件名

討論要旨

平成28年度尾張旭市一般会計歳入歳出決算認定について

【反対】川村つよし議員 

成28年度の特徴として、こどもの貧困対策に係る施策が具体的に展開された年だったと評価できる。具体的には、こどもの学習支援、スクールソーシャルワーカーの配置のことで、その他に市営バスあさぴー号の運行拡大も行っていただいた。今後も拡充をお願いしたい。

反対理由として2点挙げておく。
1点目は、市職員の滞納整理機構への派遣。滞納整理機構で扱う対象者は、困難事案に該当しないものも含まれる。このような滞納者に対する催促行為は、別の部署で行う、滞納者を困窮から救い出す仕事に良い影響を与えるとは思えず、差押えを行った直後に、生活困窮者の窓口に案内した事例は、市の仕事として、順序がおかしいと指摘しなければならない。滞納整理機構には、職員を派遣すべきではない。

2点目は、自衛官募集事務。戦後の日本国憲法は、地方自治体にも、政府がはじめる戦争をくい止めるための方策を講じているはずだが、戦争が起きないようにするための行動も、地方自治体に求められていると考える。具体的なその手立てとして、自衛官募集事務をお断りするよう求めておく。

 

平成28年度尾張旭市国民健康保険特別会計歳入歳出決算

認定について

【反対】川村つよし議員 

民健康保険の課題について、2点言っておきたい。

1つ目は、皆保険制度が国保によって真に実現されているのかどうか、という問題。身体の不調を感じながら、保険証を手元に持たない人がどれだけいるのか。国保税の重い負担は、低所得層を医療から遠ざける結果を招いており、皆保険制度の基盤として、アウトリーチによる対象者への対応が望まれると思われ、検討を求めておく。

2つ目は、国保の重い負担をどのように軽減するのかという問題。20才未満の均等割を全額免除しても、必要な費用は約7,000万円で、これは国保特会だけもできる数字だった。20歳前の均等割の全額免除は、これまでも政策として提案もしているが、以前にも増して、その必要性は高くなっていると思う。被保険者の所得状況から言えば、国保税の占める家計の支出割合は高く、全体的に国保税を引き下げる必要がある問題も含めて、具体的な検討を開始するように求めておく。

平成28年度尾張旭市介護保険特別会計歳入歳出決算認定

について

【反対】川村つよし議員 

護保険制度については、国の社会保障費削減の中でさまざま議論があるが、当市の介護保険特別会計で指摘するのは、やはり介護給付費準備基金の積み上げをどう考えるか、という点が大きいと思える。
3カ年の事業計画の中間年にあたる2016年度は、基金が積み上がらない予定の年であったにもかかわらず、1億2,412万円の積立金となっており、原因は、介護保険の給付がうまくいってない、または、介護保険料の見込み過ぎ、あるいはその両方か、ということになる。いずれにせよ、またしても基金が積み上がることは濃厚な状況であり、引き続き基金全額を保険料抑制に用いて次期計画の保険料算定を行うよう求めておく。

平成28年度尾張旭市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決

算認定について

【反対】川村つよし議員 

期高齢者医療は、75歳以上の高齢者を差別する差別医療であり、制度そのものに反対だと表明しておく。

国の道路整備予算の確保及び道路整備に係る補助率等の

嵩上げ措置の継続を求める意見書

【反対】川村つよし議員 

路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律により、本市が少なくない恩恵を受けていることは理解できる。しかし、道路整備費の財源については、揮発油税などの財源を道路整備に充てなければならないとする、いわゆる道路特定財源によって、無駄と指摘される道路整備を、国民的な批判がありながら、歴史的に進めてきた経過があり、その嵩上げ措置の継続を望む意見書を出す行為は、無駄な道路建設は止めるべき、との国民的な批判に、市議会が背を向けることになる。

地方自治体の中には、新規の道路建設などには縁もなく、これまで作った道路の維持補修を行うのに必要な財源の捻出さえ、苦労しているところもあるだろうと想像できる。今、道路予算で地方自治体が政府に求めるべきは、小規模な道路の維持補修にも使いやすい補助制度を作れ、ということではないだろうか。

無駄な道路建設を免罪するような意見書には、賛成しかねる。

 

【賛成】武田なおき議員 

村議員提案の道路補修のための新たな財源確保のための法的措置を求める事に賛成はできる。しかし、将来的に安定した道路建設費用確保のために、他の地方自治体と協力して、道路財特法の補助率の嵩上げ措置について、平成30年度以降も継続・拡充する意見書案を提出することにも賛成である。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局議事課議事係・庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8186