ホーム > 暮らしのガイド > 多文化共生・国際交流

ここから本文です。

更新日:2022年8月16日

多文化共生・国際交流

「はじめての日本語教室」と「初期日本語教育向け指導者養成講座」受講者募集new!

主催:愛知県、共催:尾張旭市多様性推進課多文化共生係、受託団体:公益財団法人名古屋YWCA

文化庁:令和4年度地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業」活用

 

外国人が「やさしい日本語」を理解できるレベルまで日本語を習得できるよう、日本語教育の専門機関の協力を得て、モデル的に「初期日本語教室」を開催するとともに、そのための人材育成を行います。

ほとんど日本語が分からない外国人の方と、日本語サポーターが、交流しながら日本語を勉強する「はじめての日本語教室」と「初期日本語教育向け指導者養成講座」を開催します。

それぞれ受講者を募集します。多くの方のご参加をお待ちしております。

はじめての日本語教室

Japanesecourseforbeginners(英語)

初级日语入门班(中国語)

JapaneseClassparasamgaBeginners(フィリピン語)

Clases de japonés para principiantes(スペイン語)

Curso de Japonês para Iniciantes(ポルトガル語)

LỚP TIẾNG NHẬTCHO NGƯỜI MỚI BẮT ĐẤU(ベトナム語)

はじめての日本語教室では

  • 無料です。
  • 日本語がほとんどわからない外国人のみなさんと日本語サポーターが交流しながら、日本語を勉強します。
  • 地域のイベントに参加することもあります。

日時とテーマ

全て土曜日、13時30分~16時30分(13時15分から受付します。)

日にち テーマ 内容
1 9月17日

オリエンテーション

自己紹介

オリエンテーション

日本語レベルチェック

名前や国を紹介する

2 9月24日

家族

出身地

自分の家族について話す

出身地の有名なものや場所を紹介する

3 10月1日

年中行事

住んでいるところ

自分の国の年中行事を紹介する

住んでいるところになにがあるか話す

4 10月8日 市民祭に参加 市民祭に参加
5 10月22日

年中行事の思い出

食べ物

自分が経験した行事について話す

好きな食べ物について話す

6 10月29日

わたしの1日

休みの日

一日になにをするか話す

いつも休みの日になにをするか話す

7 11月5日

行きたいところ、したいこと

宝物、お気に入りのもの

休みの日にいきたいところやしたいことについて話す

自分が大切にしているものを紹介する

8 11月12日 ふりかえり

これまで勉強したことを見直す

できるようになったことを話す

会場

尾張旭市中央公民館(尾張旭市東大道町山の内2410番地2)

持ち物

えんぴつ、ノート

対象

16歳以上

定員

20人程度

申し込み

メール(tabunka@pref.aichi.lg.jp)で次の内容を教えてください。申し込みは9月9日金曜日まで。

  1. 名前
  2. 住所
  3. 在留資格
  4. 国籍
  5. 電話番号
  6. メールアドレス

申し込みが多くて参加できないときは連絡します。

定員に余裕がある場合は、当日でも参加できます。

記録のため、活動中に写真やビデオを撮ります。嫌な人は教えてください。

参加するときはマスクをつけてください。

教えてもらった情報は、他のことには使いません。

問い合わせ・申し込み先

愛知県多文化共生推進室

住所:郵便番号460-8501名古屋市中区三の丸3丁目1番2号

TEL:052-954-6138

FAX:052-971-8736

Eメール:tabunka@pref.aichi.lg.jp

URL:http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/

初期日本語教育向け指導者養成講座

この講座は、初期レベルの学習者のコミュニケーション能力を高めるための支援ができる人材を養成します。

日時とテーマ

全て土曜日

日時 内容
1 9月3日/10時00分-16時00分

オリエンテーション

愛知県・尾張旭市の多文化共生の状況

地域における初期日本語教育/モデル事業概要

2 9月17日/10時00分-12時00分 初期日本語教育における対話型活動1.
3 10月8日/10時00分-12時00分 初期日本語教育のおける対話型活動2.
4 10月15日/10時00分-16時00分 前半振り返り・日本語能力のとらえ方
5 10月29日/10時00分-12時00分 コースデザイン1.初期日本語教室
6 11月5日/10時00分-12時00分 コースデザイン2.活動事例・当事者の声
7 11月12日/10時00分-12時00分 教室コーディネート1.
8 11月19日/10時00分-16時00分 教室コーディネート2.
9 12月10日/10時00分-16時00分

これからの地域日本語教育・修了式

会場

尾張旭市中央公民館(尾張旭市東大道町山の内2410番地2)

対象

地域の日本語教室において初期日本語教育を行う意志のある方

条件

全回出席できること。

また、上記「はじめての日本語教室」に6回以上参加してください。

養成講座に8割以上出席し、「はじめての日本語教室」に6回以上参加した方に修了証を交付します。

定員

20人程度

申し込み

下記のどちらかの方法でお申し込みください。申し込みは8月26日金曜日まで。参加の可否は追ってご連絡いたします。

  • 申し込みフォーム(https://forms.gle/qDmmRynzYobpiduo8)からお申込みください。
  • メール(seminar@nagoya-ywca.or.jp)かFAX(052-961-7719)か郵送で次の内容を教えてください。
  1. 名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス又はFAX
  5. 志望動機
  6. 地域日本語教育活動歴があれば教室名、年数

申し込み先

公益財団法人名古屋YWCA

住所:郵便番号460-0004名古屋市中区新栄町2丁目3番地

FAX:052-961-7719

Eメール:seminar@nagoya-ywca.or.jp

問い合わせ先

愛知県多文化共生推進室

住所:郵便番号460-8501名古屋市中区三の丸3丁目1番2号

TEL:052-954-6138

FAX:052-971-8736

Eメール:tabunka@pref.aichi.lg.jp

URL:http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/

 

多文化共生

尾張旭外国人のための日本語教室

尾張旭外国人のための日本語教室会が、年間3期に分けて開催しています。

  • 1学期:4月~7月
  • 2学期:9月~12月
  • 3学期:1月~3月
曜日 水曜日(祝日を除く)
時間 午前10時~午前11時30分、午後7時30分~午後9時
場所 尾張旭市中央公民館2階209会議室
クラス 入門、初級漢字
参加費 1回あたり100円。(ただし、各期初回に全納)

参加者は各学期の始まる1か月前の広報おわりあさひで募集します。

(問い合わせ先)市民生活部多様性推進課多文化共生係

外国人のための相談窓口

 

尾張旭市役所で行います。

まずメール(tayoseisuishin@city.owariasahi.lg.jp)で相談内容をお伝えください。

多様性推進課多文化共生係から相談する日時を連絡します。

相談は無料です。

国際交流

尾張旭国際交流会

外国人と市民レベルの交流を通じ、国際友好、相互理解など目指し、“楽しく”をモットーとして活動しています。

会員募集中(興味が少しでもあればご連絡ください。)

メールアドレス:oifa488@gmail.com

国際交流フェスティバル「和菓子づくりで国際交流してみませんか」

秋にふさわしい「月見団子」とあんこのおいしい「どら焼き」を一緒に作りながら、和菓子作りで国際交流をしてみませんか。日本語と片言の英語などで外国の方々と交流しましょう。皆様の参加をお待ちしております。

とき

9月25日日曜日

午後2時から4時

ところ

新池交流館ふらっと実習室

定員

先着25人

市内在住、在勤の方優先。小学生以下はご遠慮ください。

持ち物

マスク、エプロン、バンダナ、タオル、ふきん、スリッパ

費用

500円。当日受付でお支払いください。

申し込み

9月1日木曜日から9月18日日曜日までメールで

申し込み、問い合わせ先

尾張旭国際交流会平田

メールoifa0561@gmail.com

 

トンガ王国への災害支援

お知らせ

このサイトでは、日本で生活する外国人の皆さんが、日本語でコミュニケーションをとったり、生活できるようになったりすることを目指して、日本語を学習することができます。自分に合った日本語のレベルや、学習したいシーン、キーワードに応じて学習コンテンツを選択することができます。日本語を勉強し実際に使うことを通じて、社会とつながり、生活をひろげてみましょう。

子育てをする外国人保護者向けの情報ブックです。妊娠から保育園・幼稚園等までに必要となる子育て情報です。5言語(ポルトガル語、英語、中国語、フィリピン語、スペイン語)あり。

日本で災害体験したブラジル人の方へのインタビュー。自らの震災体験、日常からの防災対策など。


 

 

お問い合わせ

市民生活部多様性推進課多文化共生係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8125