ホーム > 市政情報 > 定住促進 > ナゾトキ写真家の不思議な昔話~あさぴーと伝説の生き物~

ここから本文です。

更新日:2017年9月29日

ナゾトキ写真家の不思議な昔話~あさぴーと伝説の生き物~

main

ものがたり

尾張旭市、このまちの歴史は古い。

市内にある遺跡では紀元前2~3世紀ごろから人々が生活していたこん跡が見つかっている。

歴史があるまちには、物語がある。

物語があるまちには、きっと冒険がある・・・。

ここ尾張旭市で撮った写真はもちろん、風景としても素敵なんだけど、

光り輝く何かが写りこんでいることがあるんだ!

それが何か気になって色々と調べ続けていると、このまちのことをよく知っている「あさぴー」が突然現れたんだ。

最初は驚いたけど、あさぴーはこのまちの「昔話」を教えてくれた。どうやら、この光る何かの正体は尾張旭市の昔話に隠されているらしい!

光り輝く不思議な写真、そしてあさぴーのくれた「昔話」の手がかり・・・。

この謎を解くために、みんなの力を貸して欲しいんだ!

みんなで尾張旭市の不思議な昔話の謎を解こうよ!!

 

参加方法

まずは参加用紙を手に入れて挑戦!

まずは、無料の参加用紙を入手しましょう。

参加用紙は、市役所総合案内、スカイワードあさひのほか、以下の場所で配布しています。

瀬戸信用金庫:尾張旭支店、印場支店、三郷支店、本地ヶ原支店、旭団地出張所、瀬戸西支店、共栄支店、四軒家支店、守山支店、苗代支店、大森支店

市内飲食店等:天空レストランSKYWORD、紅茶専門店TEASLiyn-an、KURO珈琲、芋花恋尾張旭店

ページ下部のリンク先から参加用紙のデータをダウンロードできます。

昔話のカケラと暗号を入手!

参加用紙と筆記用具を持って、ナゾトキの「その1」「その2」で出題されている謎を順番に解き、指定の場所に向かうと「昔話のカケラ」と「暗号」を知ることができます。それぞれ行先は3か所ありますが、3か所目は「暗号」を知らないとたどり着くことができません。

「その2」は捜索する範囲が広く、難易度が高くなっています。

完成した昔話を報告

すべての謎を解くと、昔話が完成します。

報告書のスカイワードあさひへ、昔話の中で指定された4文字の言葉を報告すればクリアです。

「その1」だけでも報告が可能で、「その2」を続けて挑戦することもできます。

正しい答えを提出すると、イベント限定のオリジナルカードがもらえます。

また、オリジナルカードには、抽選番号が書かれているので、大切に持っていてください。

参加の注意

  • あさひ健康マイスターポイントは、市役所企画課で付与します。
  • イベント内容に関するお問い合わせは、市役所企画課までお願いします。
  • 小学校低学年以下のお子様は、保護者の方とご参加ください。
  • 安全には十分注意してご参加ください。

その他、注意点の詳細は参加用紙をご覧ください。

ポスター

ポスターの設置等について、ご協力してくださるかたを募集しています

ポスターや参加用紙の設置について、ご協力いただけるかたを募集しています。

ご協力いただける場合は、お手数をおかけしますが、企画課政策調整係(0561-76-8105)までご連絡をお願いします。

瀬戸信用金庫との「地方創生に係る包括連携に関する協定」に基づく企画協力により実現しました。

公益財団法人せとしん地域振興協力基金からの助成金を得て実施しています。

尾張旭市まちづくり応援寄付金助成対象事業、あさひ健康マイスター対象事業


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課政策調整係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8105