ホーム > 生活習慣病予防健診(短期人間ドック)

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

生活習慣病予防健診(短期人間ドック)

令和3年度生活習慣病予防健診(短期人間ドック)

5月下旬にお送りしたお知らせのとおり、6月1日から生活習慣病予防健診(短期人間ドック)を実施しています。

各医療機関でも感染対策を実施していますが、健診に行かれる際は、体調確認・マスク着用などのご協力をお願いいたします。

注意)今後の緊急事態宣言の発令状況等によっては、変更する場合があります。

実施期間

  • 6月1日から10月末日まで(休診日を除く)
  • 公立陶生病院のみ11月、12月に実施(8月中に予約をしてください。)

生活習慣病の予防は30歳代から

がん、循環器疾患、糖尿病、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの生活習慣病は自覚症状がないまま進行します。尾張旭市においては、30歳代のかたの4人に1人が生活習慣病という現状です。自分の健康状態を知り、病気の早期発見・早期治療のために、30歳代のかたを対象とした健診を実施していますので、ぜひ年に一度健診を受けましょう。

また、40歳からは、さらにメタボリックシンドロームに重点を置いた特定健診を実施しています。毎年、健診を受けて健康状態を確認することを習慣にしましょう。

対象者

市国保に加入している30歳~39歳の方

検査項目と自己負担金

 

検査項目

自己負担金

必須検査

基本健康診査

(身体計測、血圧測定、血液検査、尿検査等)

800円
選択検査

胃エックス線検査(胃がん検診)★要予約

便潜血反応検査(大腸がん検診)

胸部エックス線検査(肺がん検診)

腹部超音波検査

800円

200円

300円

500円

注意事項)

  • 基本健康診査は必須検査です。選択検査のみの受診はできません。
  • 選択検査は、必須検査と同じ医療機関で受診してください。
  • 各検査結果については、市で管理・保管します。また、結果に応じて健康に関する情報をお送りする場合があります。
  • 各検査は、期間内に1回受診できます。
  • 受診日に、市国民健康保険の資格がない方は、受診できません。市国民健康保険資格喪失後の受診は、費用を負担していただくことになります。

実施医療機関

令和3年度生活習慣病予防健診(短期人間ドック)実施医療機関(PDF:64KB)

健康診査の受診方法

  • 受診を希望する医療機関の診療時間内に受診してください。
  • 医療機関や検査により予約が必要です。事前に医療機関へ確認してください。

受診の際に必要なもの

  • 受診券
  • 国民健康保険証
  • 自己負担金

受診券がお手元に届かない場合、紛失・破損した場合は、保険医療課(電話76-8150)で受診券の(再)発行をしますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保険医療課国保庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8150