ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

ここから本文です。

更新日:2021年9月4日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金とは

社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で一定の要件を満たす生活困窮世帯に対し、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を支給します。

支給内容

世帯の人数に応じて、生活困窮者自立支援金を最長3か月間支給します。

世帯数 支給額(月額)
1人世帯 60,000円
2人世帯 80,000円
3人以上世帯 100,000円

対象者

総合支援資金の特例貸付を利用したことがある世帯のうち、次のいずれかに該当し、かつ(1)から(3)のすべての要件を満たす方

  • 再貸付を借り終わった世帯や、11月末までに借り終わる世帯
  • 再貸付の申請が不承認となった世帯

(1)収入要件

申請月における世帯全員の収入合計額≦収入基準額

(2)資産要件

申請時の世帯全員の預貯金合計額≦資産基準額

世帯数 収入基準額 資産基準額

1人世帯

118,000円

486,000円

2人世帯

168,000円

744,000円

3人世帯

207,100円

954,000円

4人世帯

245,100円

1,000,000円

 

(3)求職活動要件

ハローワークに求職の申し込みをし、下記のア~ウのすべての求職活動を行うこと

ア.月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける

イ.月2回以上、ハローワークで職業相談等を受ける

ウ.原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける

申請先

尾張旭市福祉政策課

申請期限

令和3年11月30日まで

申請書

申請書(PDF:1,857KB)

要綱

尾張旭市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業実施要綱(PDF:167KB)

参考

【厚生労働省新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(仮称)コールセンター】
電話番号:0120-46-1999
受付時間:9時00分~17時00分(平日のみ)
「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(厚生労働省公式ホームページ)(外部サイト
プレスリリース資料(PDF:244KB)

リーフレット(PDF:625KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部福祉政策課福祉相談係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8139