ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 障がい福祉 > 日常生活用具の給付

ここから本文です。

更新日:2021年4月21日

日常生活用具の給付

 

在宅の重度障がい者・児が自力で日常生活をおくることができるよう日常生活用具を給付します。
原則、費用の1割相当分の自己負担となります(所得に応じて負担限度額があります。※)
※本市では、日常生活用具給付の利用者負担は、補装具に準じています。
また、申請は用具の購入前に行う必要がありますのでご注意ください。
(注)介護保険対象の方は、介護保険制度優先となります。

用意するもの

  1. 日常生活用具給付申請書
  2. 種目によりその他カタログの写し・意見書
  3. 用具の見積書
  4. 障がい者手帳

    ☆1と2の用紙は福祉課窓口にあります。お渡ししますのでお越しください。

給付種目


種別 種目
介護・訓練支援 特殊寝台、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器、移動用リフト、訓練いす、訓練用ベッド
自立生活支援 入浴補助用具、便器、T字状・棒状のつえ、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、特殊便器、火災警報器、自動消火器、電磁調理器、歩行時間延長信号機用小型送信機、聴覚障害者用屋内信号装置
在宅療養等支援

透析液加温器、ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、酸素ボンベ運搬車、動脈血中酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)視覚障害者用体温計(音声式)、視覚障害者用体重計、視覚障害者用血圧計

情報・意志疎通支援 携帯用会話補助装置、情報・通信支援用具、点字ディスプレイ、点字器、点字タイプライター、視覚障害者用ポータブルレコーダー視覚障害者用音声ICタグレコーダー、視覚障害者用音声ICレコーダー、視覚障害者用活字文書読上げ装置、視覚障害者用拡大読書器(暗所視支援眼鏡を含む)、視覚障害者用時計、聴覚障害者用通信装置、聴覚障害者用情報受信装置、人工喉頭、人工鼻、福祉電話(貸与)、ファックス、視覚障害者用ワードプロセッサー(共同利用)、点字図書、視覚障害者用地上デジタル放送対応ラジオ
排泄管理支援 ストマ装具、紙おむつ等、収尿器
住宅改修等 居宅生活動作補助用具

お問い合わせ

健康福祉部福祉課障がい福祉係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8142