ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 児童福祉 > 手当 > 尾張旭市ひとり親世帯臨時特別給付金について

ここから本文です。

更新日:2020年5月29日

尾張旭市ひとり親世帯臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている、ひとり親世帯の生活を図るための尾張旭市独自の取り組みとして、児童扶養手当を受給している方(全部支給停止中の方も含む。)に対して、「尾張旭市ひとり親世帯臨時特別給付金」を支給します。令和2年3月31日を基準日とします。

支給対象者

令和2年4月分(令和2年3月31日に18歳年齢到達にて資格喪失となった場合は3月分)の児童扶養手当受給者(全部支給停止となっており、毎月の手当支給額が0円の方も含む。)
※基準日時点での市内在住者を対象。
※基準日時点で18歳年齢到達以外の事由で資格喪失となった者を除く。

支給対象児童

令和2年4月分の児童扶養手当支給対象となる児童。ただし、同年3月分の児童扶養手当支給対象となっている児童で、令和2年3月31日に対象外年齢となった児童も対象。
※令和2年4月1日以降に支給要件に該当した児童は対象外。

支給額

対象児童1人につき、2万円。(1回限り)

申請について

すでに尾張旭市での児童扶養手当の受給資格の認定を受けている方

令和元年度現況届の提出をされている方は、改めての申請は不要です
※支給対象となる方には、6月上旬頃、「給付についてのお知らせ」を送付します。
※該当年度の現況届を提出されていない方は至急ご提出ください。

所得限度額超過や年金受給等で児童扶養手当の申請をされていない方

ひとり親世帯等の方で、本人や扶養義務者(同居親族)の所得超過や、年金を受給されているため、現在児童扶養手当の申請をされていない方は、締切日までに児童扶養手当の申請があり、受給資格の認定がされれば本給付金の対象とさせていただきます。児童扶養手当の申請には、事前相談が必要となり、ひとり親となった経緯や現在の状況などについて、詳しく聞かせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。
事前相談や申請手続きには30分から1時間程度かかりますので、お時間に余裕をもってお越しいただくとともに、事前に連絡いただくことをお勧めします。(毎年8月中は現況届提出時期のため窓口が大変混み合っておりますのでご承知おきください。)
※本給付金は児童扶養手当の認定されなければ支給できません。
※詳細については、児童扶養手当のページをご覧ください。

支給日

令和2年7月上旬頃の支給を目標に現在準備を進めております。

支給方法

原則として、児童扶養手当振込口座として届出のあるの口座に振り込みします。

児童扶養手当の支給に当たって指定していた口座等を解約等しており、給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合はお問い合わせください。

口座解約・変更等により、指定口座への振り込みができない場合は、尾張旭市ひとり親世帯臨時特別給付金が支給されませんので、令和2年12月中旬までにご対応をお願いします。

支給辞退

尾張旭市ひとり親世帯臨時特別給付金の受給を希望しない場合は、令和2年6月15日(月曜日)までにこども課へご連絡ください。辞退に必要な書類を送付します。



お問い合わせ

こども子育て部こども課家庭係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8149