ホーム > 暮らしのガイド > 産業・観光 > 観光 > 現地スタッフからのおたより2018~2019秋

ここから本文です。

更新日:2019年7月29日

現地スタッフからのおたより2018~2019

以前掲載したおたよりを紹介しています。

掲載時の情報のため、一部イベント等については終了又は変更しているものもあります。

9月

2018年9月1日

20180901ryuusei-1

この夏「ヘブンスそのはらナイトツアー」に続き、日本一の星空、阿智村に新たに星空を見るスポットが増えました。

治部坂高原スキー場の「流星のナイトガーデン」です。

20180901ryuusei-2

会場の治部坂高原スキー場は、夏から秋にかけてゲレンデのコスモス畑が有名です。9月1日現在、コスモスは6分咲き。もちろん、昼間に行かれてもゲレンデ一面のお花が見られます。

夜はスキーリフトが運行され、星空とコスモスの花が織りなす絶景に出会えます。まだあまり知られていないため、混雑が無く、静かに夜空を楽しむのには絶好のスポットです。

週末限定の営業ですので、ご注意ください。

20180901ryuusei-3

【期間】9月30日(日曜日)までの、毎週金曜日・土曜日・日曜日の週末限定。

【開園時間】午後6時から午後12時まで。(リフト運行は午後10時まで)

【入園料】(リフト乗り放題):大人1,500円、小学生800円

無料駐車場まで、尾張あさひ苑から車で25分

10月

2018年10月9日

20181009hosizorasanpo-1

10月1日の星空の写真です。

9月30日夜に日本を縦断した台風がありましたが、その翌日10月1日は、まさに台風一過の快晴になりました。
その夜は「星空さんぽ」企画で、少し離れた高原へ星空観察にお客様をお連れしました。

晴れ渡った夜空に天の川もはっきりと見えて、参加された方も感動されていました。
この夜は、尾張あさひ苑から歩いて数分の朝市広場からも、綺麗な星空が見えるほどの良い天気でした。

210181009hosizorasanpo-2

2018年秋のヘブンスそのはらナイトツアーの営業は、10月21日までで、それ以降は夜のゴンドラ運行がありません。

そこで、尾張あさひ苑では温泉郷の数軒の旅館と共同で「星空さんぽ」を企画しています。

★「星空さんぽ」
10月22日から11月30日まで、毎日午後8時から周辺の星空の観察スポットへお連れします。
※予約定員制。ご予約の際に「星空さんぽプラン」とご用命ください。
※ときには標高1000m以上の高原に出かける場合がありますので、防寒のご準備をお願いします。

11月

2018年11月7日

20171107kawagiri

11月7日の午前7時頃、尾張あさひ苑より約20分の飯田市郊外から撮影したものです。

前日夜まで雨が降っていたため、空気中の水蒸気も多く、天竜川の川霧が出ました。
川の近くの丘が、水に浮かぶ島のように見えました。
この時期の晴れた朝に頻繁に出現し、季節の風物になっています。

近くの果樹園には、真っ赤に色づいたリンゴがたくさん実っています。

20181107kouyou

川霧を撮影したあと、温泉郷に向かうと尾張あさひ苑の前の山にも、霧が少しかかっていました。
やがて太陽の光が強くなってきて、山の姿が見え始めました。

今、昼神温泉は紅葉が真っ盛りです。

2018年11月10日

20181110unkai

11月10日の朝は、飯田駅のある中心市街地も霧に覆われて、雲海のようになりました。

尾張あさひ苑から車で15分のヘブンスそのはらでは、11月25日まで「雲海ハーバー」の早朝営業をしています。
午前5時30分からゴンドラとリフトが運行され、雲海と御来光の絶景を山頂から眺める企画です。

山頂は標高1600mあり、早朝は氷点下の冷え込みとなりますので、真冬のお支度でお出かけください。

20181110ringo

完熟し始めたりんごに、霧の水滴がついてキラキラと光っていました。

尾張あさひ苑では宿泊の方限定で、観光農園のりんご狩り割引券のご用意があります。
提携農園は2か所あり、それぞれに案内地図がありますので、フロントにお申し付けください。

 


 

お問い合わせ

総務部財産経営課財産経営係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8114