ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

創業支援事業

創業支援事業計画

尾張旭市では、平成26年1月20日に施行された産業競争力強化法に基づき、「創業支援事業計画」を作成しました。
産業競争力強化法では、地域における創業を促進するため、市区町村が民間の創業支援事業者(地域金融機関、NPO法人、商工会議所・商工会等)と連携し、ワンストップ相談窓口の設置や創業セミナーの開催等の創業支援を実施する「創業支援事業計画(最長5年間)」を国が認定することとしています。
本認定を受けた創業支援事業者は、同計画に基づいて行う創業支援事業について、国からの補助や一般社団法人、一般財団法人、NPO法人に対する信用保証枠の設定等の支援策を活用することができます。また、本制度では、創業者の経営、財務、人材育成、販路開拓等の知識習得を目的として継続的に行う創業支援の取組を「特定創業支援事業」と位置づけ、本支援を受けた創業者には、登録免許税の軽減措置や信用保証枠の拡大等の支援策が適用されます。

創業支援事業計画の概要(PDF:449KB)

創業相談窓口

市及び連携支援事業者に創業相談窓口を設置し、関係機関と調整を図りながら、適切な支援が受けられるようにします。

尾張旭市創業セミナー

全5回シリーズで、経営、マーケティング、人材育成、財務、資金調達に関するセミナーを開催します。初回には、創業者による経験談を盛り込み、参加者のモチベーションと意欲の向上を図ります。

日時

平成30年7月3日から7月31日まで(毎週火曜日、全5回)

午後1時30分~4時30分

場所 尾張旭市商工会館(東大道町原田2570番地3)
定員 20人
対象 創業を考えているかた、創業後5年未満のかた
参加費 無料
申し込み締切 平成30年6月20日
申込書

word

(PDF:82KB)

 

証明書の交付について

特定創業支援事業(尾張旭市創業セミナー)を受けたことについて、尾張旭市長の証明(証明書の交付)を受けたいかたは以下の「証明書の交付要件」を満たした上で交付申請を行ってください。

証明書の交付要件(証明申請ができるかた)

証明書の申請時点で以下のすべての要件を満たしていること

1.次のいずれかに該当するかた

(1)事業を営んでいない個人で創業を行おうとしている

(2)事業を開始した日から5年を経過していない個人又は法人

2.尾張旭市創業セミナーを4回以上受講されたかた

証明書の交付申請

市役所産業課(南庁舎2階)かページ下部にあるリンクから入手できる申請書に必要事項を記入し、産業課までお持ちください。

また、申請書をいただいてから証明書の交付まではお時間がかかります。即日発行ではないので、時間に余裕を持った手続きをお願いします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部産業課商工係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8132