ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 上水道 > 水道管の凍結にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2023年1月24日

水道管の凍結にご注意ください

冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。屋外、北側で日が当たらない場所、風当たりの強いところ、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。

水道管の防寒対策

水道管が凍結しやすい季節には、ご家庭でできるちょっとした工夫が、水道管の凍結による破損、漏水といった事故を未然に防ぎます。

凍結対策1:水道メーターや外の立水栓に毛布などを巻きつけます。

凍結は、家の北側などの日当たりが悪く、風が強くあたる場所でよく起こります。
地上に出ている水栓柱などには、使い古した毛布など厚手のやわらかい布を巻きつけ、そのうえにビニールなどを被せて管を保護してください。

凍結対策2:凍った水道管はヤカンなどでぬるま湯をかけます。

水道管が凍って水が出ないときは、タオルを被せ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。
急に熱湯をかけますと水道管や蛇口が破損することがありますので、ご注意ください。

水道の漏水が確認された場合には、上水道課給水係にご連絡ください。

お問い合わせ

都市整備部上水道課給水係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8170