ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 環境保全 > 緑のカーテン > 令和元年度市役所庁舎での緑のカーテン

ここから本文です。

更新日:2020年5月8日

令和元年度市役所庁舎での緑のカーテン

夏の風物詩となっている市役所庁舎での緑のカーテンは、有志の市職員「緑で癒し隊」が毎年育てています。

緑のカーテンによって冷房の効きが良くなるだけでなく、収穫されたゴーヤの実は皆さんにお配りするなど、来庁された皆さんと職場、そして地球を「癒す」ことができるように心がけています。

育成記録

ネットの設置(5月10日)

新規採用職員を中心に、市役所庁舎の屋上から緑のカーテン用ネットを設置しました。

ネット1 ネット2 ネット3

苗の植え付け(5月15日)

散水チューブを設置し、ゴーヤの苗を丹精込めて植え付けました。

苗の成長が今から楽しみです。

苗1 苗2 苗3

効果測定(8月1日)

随時「摘心・追肥」を実施したため育成状況もよく、7月中旬から9月中旬まで効果測定を実施。

この日、緑のカーテンのおかげで、カーテンの内側と外側では4度の気温差がありました。

公か測定1 効果測定2 効果測定4

 

保育園児収穫(8月6日)

暑い中、中部保育園児24名がゴーヤの収穫体験をしました。

収穫したゴーヤはチップスとして翌日の給食に使用していただきました。

保育園児収穫4 保育園児2 園児収穫4

パンジー植栽(11月19日)

緑のカーテンが終了した花壇に、冬に咲くパンジーを植えました。

花の少なくなる晩秋から春を華やかに彩ってくれます。

パンジー1 パンジー2 パンジー3

 

 

お問い合わせ

市民生活部環境課環境施策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8134