ホーム > 暮らしのガイド > 消防 > 家庭の防火対策

ここから本文です。

更新日:2021年8月6日

家庭の防火対策

住宅防火いのちを守る7つのポイント-3つの習慣・4つの対策-

3つの習慣

  • 寝たばこは、絶対やめる。

 

  • ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

 

  • ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

  • 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

 

  • 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

 

  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

 

  • お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

天ぷら油火災について

まずはコンロの火を止めましょう!!!

現在市販されている天ぷら油の発火点(火をつけなくても自然に発火する温度)は約360~370℃です。一般の家庭で使用する場合(0.5~1リットル程度)は約20~30分で発火点まで油の温度が上昇します。火をつけたままコンロから離れないようにしましょう!!!

消火器等で消火する際のポイント

  • 消火器等で天ぷら油を消火する際に近づきすぎると、放射薬剤等の勢いで油が飛び散ることがあり、火傷などの2次災害の危険があります。消火器等の取扱い説明を良く読んで適正な距離から放射し、徐々に近づくようにしましょう。少し離れた場所からの放射でも十分な効果があります。
  • 天ぷら油火災には、粉を放射する「粉末消火器」よりも、液体が放射される「強化液消火器(※一部対応していない物もあります)」が、窒息・冷却の両面から消火行為を行えるため特に効果的です。

お問い合わせ

消防本部予防課予防査察係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0352