ホーム > あさひフォトレポート

ここから本文です。

更新日:2019年10月4日

あさひフォトレポート

市内で行われたイベントなどを写真付きで紹介しています。

地域ふれあい講座「正月飾り花餅づくり」

正月飾り花餅づくり201912月6日(金曜日)にコミュニティセンター宮浦会館でが行われ、約20人が参加。
和やかな雰囲気の中、参加者は梅の枝に紅白のお餅を思い思いの間隔で楽しそうに巻き付けていきました。

税に関する絵はがきを展示

税に関する絵はがきコンクール瀬戸旭法人会女性部が、租税教育活動の一環として、小学生の税への関心を高めるため、「税に関する絵はがきコンクール」を開催。市内の小学6年生から応募があった92点を11月11日(月曜日)から15日(金曜日)まで市役所1階ロビーで展示。絵はがきには、「みんなの暮らしを税金が支えている」などと題して、思い思いの絵が描かれている。

旭精機工業株式会社「あさひ愛の基金」が藤池保育園にピアノを寄付

あさひ愛の基金によるピアノの寄付10月3日(木曜日)に、旭精機工業株式会社「あさひ愛の基金」の理事長である神谷さんが藤池保育園を訪れ、アップライトピアノの贈呈式が行われました。神谷さんは「大切に使ってくださいね」とあいさつし、園児たちは大きな声で「ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えていました。また、贈呈式の最後には園児による歌も披露されました。

青木さやかさんが森市長を訪問

2019年8月21日青木さやかさん来庁8月21日(水曜日)にテレビや舞台で活躍する女優の青木さやかさんが森市長を訪れました。
青木さんは尾張旭市出身で、森市長と同じ名古屋学院大学を卒業。
対談では、青木さんの芸能活動や近年取り組まれている動物保護などの活動に加え、6月に森林公園で開催された第70回全国植樹祭やおいしい紅茶のまちについてなど、ふるさと尾張旭に対する想いを語られました。また、来年12月に迎える尾張旭市制50周年に話題がのぼると、青木さんは「ぜひ、一緒に盛り上げていきたい」と話してくれました。

第52回社会貢献者表彰受賞を市長に報告

バングラデシュの人々を支える会8月2日(金曜日)、第52回社会貢献者表彰を受賞した「バングラデシュの人々を支える会」の元メンバーが受賞を報告するため市長のもとを訪れた。バングラデシュの人々を支える会は、平成11年にバングラデシュを貧困などから救うことを目的に設立され、約20年間継続的に活動してきた団体。代表の横山さんは「今までの自分たちの活動が認められ、このような賞を頂けたことを本当にうれしく思います」と、その喜びを語った。同団体は、団体としてやれることをやりきったこと、会員の高齢化などの理由から平成31年3月31日をもって活動を終了した。

第64回愛知県消防操法大会優良賞受賞を市長に報告

消防操法大会優良賞受賞を市長に報告8月2日(金曜日)午前10時、7月20日に開催された第64回愛知県消防操法大会のポンプ車操法の部で25団体中3位となり優良賞を受賞した本市の消防団員が、消防団長や消防長、消防署員などとともに結果報告のため市長を表敬訪問した。本市の消防団が消防操法大会で3位以内に入るのは、平成6年に瀬戸市で行われた第39回大会の準優勝以来25年ぶり。

夏休み!給食センターわくわく探検ツアー

給食センター探検8月2日(金曜日)、3日(土曜日)に学校給食センター(旭前町)で、学校給食をより身近に感じてもらおうと「夏休み!給食センターわくわく探検ツアー」を開催し市内の小学校に通う小学生と保護者が参加した。この探検ツアーでは、普段入ることのできない調理場内に入れたり、調理の模擬体験ができたりした。中でも大きな回転釜を使った調理の模擬体験では、しゃもじのような形をしたスパテラで水を混ぜたり、具材にみたてたカラーボールをひしゃくですくったりして、楽しそうにする子どもたちの姿が見られた。

おいしい紅茶の店初代チャンピオンが市長を表敬訪問

紅茶の店チャンピオン7月5日にパシフィコ横浜で行われた「日本紅茶協会認定おいしい紅茶の店チャンピオンシップ2019」に出場し、見事初代チャンピオンとなった市内にある「おいしい紅茶の店」認定店ティーズ・リンアン店主の堀田信幸さんが7月12日(金曜日)を訪れた。堀田さんは決勝戦でも作った紅茶を市長に出し、「普段提供していないアレンジティーの1回戦をなんとか勝ち抜けた。決勝はいかにおいしいお湯をつくるかにこだわり、茶葉の奥の方の成分をきれいに出すよう心掛けた。これで尾張旭市はお店の数だけでなく、おいしさでも日本一になった」と喜びを語った。

阿武咲関が市長を表敬訪問

おうのしょう市長を訪問7月7日(日曜日)から始まる大相撲名古屋場所に向け、市内に宿舎を構える阿武松部屋の音羽山親方、不知火親方が6月27日(木曜日)、阿武咲関(東の前頭8枚目)と名古屋後援会のかたらとともに市役所を訪れ、森和実市長にあいさつをした。阿武松部屋が尾張旭市内に宿舎を構えるようになって19年目で、昨年同様、宿舎を東山町に、稽古場を庄南町に開くこととなった。阿武咲関は「名古屋場所は必ず勝ち越します」と意気込みを語った。

第70回全国植樹祭あいち2019

全国植樹祭式典1

6月2日(日曜日)市内にある愛知県森林公園で、天皇皇后両陛下をお迎えし、全国植樹祭2019あいちが開催されました。市内の沿道には、両陛下を一目見ようと多くの方が詰めかけ、歓迎ムードに包まれていました。また、渋川福祉センターには、サテライト会場が設置され、メイン会場(愛知県森林公園)で行われた式典の生中継などが行われました。式典の生中継は、駐車場のほか、2階のくすのきホールと和室でも行われました。そのほかにも市指定無形民俗文化財「ざい踊り」と「打ちはやし」の披露、ブルーベリーの苗木とオ全国植樹祭式典1リジナルクリアファイルの無料配布、軽食販売が行われ、家族連れなど多くのかたでにぎわっていました。

 

 

 

 

 

 

 

両陛下沿道

 

 

 

 

 

 

 

 

第66回尾張旭市民体育大会総合開会式

第66回市民体育大会開会式選手宣誓第66回尾張旭市民体育大会の総合開会式が、5月19日(日曜日)午前9時30分から尾張旭市文化会館で開催され、多くの選手団や関係者が参加しました。選手宣誓では、選手団を代表してソフトテニスに出場する泉真司さんが、「日頃の練習の成果を発揮し、一戦一戦全力でプレーすることを誓います。」と、あさぴーとともに力強く選手宣誓しました。大会は、全競技24種目で令和2年1月まで行われます。

婚姻届専用窓口の臨時開設

婚姻届を提出し、笑顔で記念写真に納まるカップル新元号初日の5月1日、新たな時代の幕開けとともに、夫婦の門出を重ね合わせて喜ぶため、記念撮影用のウェディングボードを設置し、婚姻届の専用窓口を開設しました。

第15回あさひ健康フェスタ

H31健康まつり尾張旭市の健康の日である4月29日に恒例のあさひ健康フェスタを開催。
城山野球場をスタートする「あさぴースマイルウォーキング」には約400人が参加したほか、保健福祉センターでは超音波骨密度測定や血液さらさらチェックなど、健康に関するさまざまな測定や相談ができる「健康まつり」、尾張旭駅前広場では産直野菜などが買える「楽農まつり」、グリーンシティビルでは介護予防体操やあさひ健康マイスターを表彰する「まちの健康ひろば」が行われ、尾張旭駅周辺一帯は多くのかたでにぎわいました。H31まちの健康ひろば

「愛知県住みます芸人」が尾張旭市をPR

シンポジウムR愛知県住みます芸人の「シンポジウムR」が市役所を訪れました。
現在、広報おわりあさひ「シンポジウムRのあさひコンシェルジュ」のコーナーを掲載しています。
掲載は、偶数月の15日号で、メンバー3人が順番に尾張旭の魅力を発信しています。
ぜひ、ご覧ください。

全国植樹祭シンボル「木製地球儀」リレー展示

木製地球儀リレー展示4月11日、市役所ロビーで、第70回全国植樹祭に向け、「木製地球儀」リレー展示の受け渡しセレモニーが行われました。
昨年7月から、名古屋市を皮切りに県内54市町村でリレー展示されてきた全国植樹祭のシンボル「木製地球儀」を、アンカーとして尾張旭市が引き継ぎました。
木製地球儀は、4月25日まで市役所ロビーに展示されます。
なお、「第70回全国植樹祭」は、6月2日の日曜日に愛知県森林公園で開催されます。

春のマメナシ・アイナシ観察会

マメナシ・アイナシ観察会4月7日、城山公園で、春のマメナシ・アイナシ観察会が開催されました。
長池のマメナシ・アイナシ自生地は、市の天然記念物に指定されており、春になると白い花を咲かせます。保護のため、普段は立ち入ることができない自生地を見学できる貴重な機会とあって、多くのかたが参加していました。

霞ヶ丘線開通式

霞ヶ丘線開通式3月24日、都市計画道路霞ヶ丘線の開通式が行われました。
平成14年から整備を進めていた霞ヶ丘線が開通したことで、名古屋市圏への利便性が期待できるほか、歩道整備による児童の通学路の確保や、他の主要道路の交通分散も期待できます。
現時点では、名古屋市方面への通り抜けはできません。交通標識や案内板の指示に従って通行してください。

市民ジョギング大会

市民ジョギング大会1月27日に森林公園の植物園を会場に「第33回市民ジョギング大会」が開催され、子どもから高齢者まで1,920人が参加しました。参加者は冷たい風の吹く中、会場内をそれぞれのペースで元気よく駆け抜けていました。参加された皆さん、お疲れさまでした♪

新春ふるさとカルタ会

新春カルタ会1月20日に渋川福祉センターで開催。参加者はそれぞれ円になるように正座し、両手を膝につけて待ち、ふるさとガイド旭の皆さんが字札を読み始めると、すぐに毛氈の上に並べられた絵札に手を伸ばしました。参加した子どもたちは真剣な表情でカルタに向かい歓声を上げていました。

ご来光をみよう!

2019ご来光を見よう1月1日にスカイワードあさひ展望室で「ご来光をみよう!」が開催されました。新年を迎え、初日の出を見ようと会場を訪れた多くのかたは、日の出とともに空が明るくなり、山際に太陽が顔をのぞかせると、歓声を上げ、一斉に写真を撮っていました。

お問い合わせ

企画部情報課広報係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8106