ホーム > 市政情報 > 市制50周年記念事業 > 「市制50周年記念&印場駅復活25周年記念入場券セット」の販売について

ここから本文です。

更新日:2020年12月14日

「市制50周年記念&印場駅復活25周年記念入場券セット」の販売について

本市が2020年12月1日に市制50周年を迎えることと本市にある名鉄瀬戸線印場駅が復活して25周年を迎えることを記念して、名古屋鉄道より記念入場券セットが販売されます。

本市内にある駅の市制施行前の駅舎などがデザインされた入場券となっていますので、是非お買い求めください。

入場券

発売期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで

通用機関

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年12月31日(金曜日)まで

内容

専用台紙

表面:25年前に印場駅が復活した際の発車式の様子をデザイン

裏面:入場券収納ポケットを付属

台紙

記念入場券

  • 印場駅
  • 旭前駅
  • 尾張旭駅
  • 三郷駅
  • 旭新居駅(尾張旭駅の旧駅名です。1971年11月1日に旭新居駅から尾張旭駅へと駅名改称した。尾張旭駅の入場券として利用できます。)

市制記念券引換券

尾張旭市制50周年を記念した、記念入場券と同様式の「市制記念券」を受け取れる引換券です。

スカイワードあさひ2階受付窓口にて引き換えできます。

販売金額

1セット850円

総販売数

1500セット

販売場所

尾張旭駅、三郷駅

各駅750セットの販売

1回の購入は5セットまでとなります。

記念展示

市制記念券の引換場所となっているスカイワードあさひ2階では、実際に「せとでん」の電車がつけて走っているヘッドマークや令和2年11月23日に尾張旭駅で開催した記念発車式の看板を展示しています。

ヘッドマーク

展示期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和2年12月25日(金曜日)まで

お問い合わせ

企画部企画課政策調整係

尾張旭市東大道町原田2600-1