ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 一般廃棄物(ごみ)処理基本計画

ここから本文です。

更新日:2018年8月28日

一般廃棄物(ごみ)処理基本計画

  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第6条第1項に基づき、「市町村は当該市町村の一般廃棄物の処理に関する計画を定めなければならない」と規定されています。
  • 尾張旭市では、これまでに取り組んできた施策等を踏まえ、市民・各種団体・事業者と協働し、更なるごみの減量・資源化と市民の利便性向上を図ることを目的とする、尾張旭市一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(平成26~35年度)を策定しました。

尾張旭市一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(平成26~35年度)

年次報告書

 

平成29年度(平成28年度実績)

 

報告書(PDF:72KB)

 

ごみ減量及びごみ処理有料化に関するアンケート調査結果(速報)

本市では、一般廃棄物(ごみ)処理基本計画に基づき、ごみの減量・資源化を進めています。多くの市民の皆様がごみの減量や分別に取り組んでいただいたおかげで、本市のごみの量は減少傾向にあり、焼却施設(晴丘センター)、最終処分場(瀬戸市北丘町)の延命が実現できております。その一方で、燃えるごみとして出された袋の中身の調査では、まだ資源ごみが約3割混入しており、ごみの減量に関心のあるかたと、そうでないかたのごみの出し方に、かい離が生じています。

その中で、ごみ処理に係る費用負担を公平にするとともに、将来にわたってごみの発生量を抑制するための取り組みとして、ごみ処理有料化の導入が全国で進められています。

本市におけるごみ処理有料化の検討にあたり、市民の皆様の日常生活におけるごみの減量、リサイクルに関する意識や取り組みを把握し、今後の検討の参考資料とさせていただくため、アンケート調査を実施いたしました。

調査対象

平成28年11月時点で20歳以上の市民2,000名(無作為抽出)

調査方法

郵送による配布、回収

調査時期

平成28年11月28日から12月16日まで

回答数

1,007通

回答率

50.35%

 

ごみ減量及びごみ処理有料化に関するアンケート調査結果(速報版)(PDF:361KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課ごみ減量係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8135