ここから本文です。

更新日:2022年10月27日

企業版ふるさと納税

尾張旭市では、企業の皆さまと一緒にまちづくりを進めるため、令和4年度より「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)」による寄附受付を行っています。

ぜひ本制度の活用により、本市が推進する地方創生の取り組みの更なる充実・強化をご支援していただける企業の皆さまをお待ちしております。

制度概要

企業版ふるさと納税とは、国が認定した地方公共団体の地方版総合戦略を基に作成した「地域再生計画」に対して、民間企業が寄附を行った場合、法人関係税について、通常の損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせ、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで軽減されるものです。

制度概要

活用するメリット

税の優遇措置に加えて、以下のようなメリットが挙げられます。

企業メリット

制度活用にあたっての主な留意事項

  • 1企業における1事業あたりの寄附は10万円からとなります。
  • 尾張旭市に本社(地方税法における主たる事務所又は事業所)が所在する企業については、本制度の対象とはなりません。
  • 寄附を行うことの代償として、経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
  • 寄附に対する返礼品の贈呈等はありませんのでご了承ください。
  • 本制度の対象期間は、令和6年度までです。
  • 寄附者が、暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者である場合、寄附の申込みをお断りし、又は収受した寄附金を返還させていただきます。

地域再生計画

本市が国から認定を受けた企業版ふるさと納税にかかる「まち・ひと・しごと創生第2期尾張旭市総合戦略」に基づく「地域再生計画」は以下のとおりです。

寄附の対象となる事業

企業版ふるさと納税を活用する事業は次のとおりです。応援したい取り組みがございましたら、具体的な事業名や寄附額について、下記担当課まで御相談ください。

尾張旭市まち・ひと・しごと創生推進事業一覧

下記、具体的な事業は一例です。「尾張旭市まち・ひと・しごと創生第2期尾張旭市総合戦略」に位置付けられる事業が寄附対象です。

基本目標1:性別・世代にかかわらず雇用の機会を創出する

地域経済の活性化の推進の一つとして、「しごと」分野に注力し、性別・世代にかかわらずやりがいを持ち、安定した生活を送ることができる雇用の場の創出や、新たな特産品の開発支援、地産地消による食育や農業体験等、生産者との交流を通じた取り組み支援を、継続して行う環境づくりを進めます。

関連するSDGsの主な目標

SDGs01

基本目標01具体的な事業

  • 事業者への支援に関する事業
  • 地域工業の活性化に関する事業
  • 農地の保全に関する事業
  • 雇用・就業者対策の推進に関する事業

 

 

基本目標2:地域の魅力を高め、市外からの「住みたい」人を増やす

地域の歴史・文化だけでなく、緑豊かな自然や特産品、おいしい紅茶を通じた取り組みなどの地域資源を活かして市の魅力を発信するとともに、本市の対外的な知名度の向上を図るためのシティプロモーション活動を積極的に推進し、市外のかたには「住みたいまち」、市民には「住み続けたくなるまち」を目指したまちづくりを行います。

関連するSDGsの主な目標

SDGs05

基本目標02具体的な事業

  • 文化財、伝統文化の保存と継承に関する事業
  • スポーツ活動の環境整備に関する事業
  • 公共交通による移動手段の確保に関する事業
  • 地域商業の活性化に関する事業
  • イベント等を通じたふれあいの推進に関する事業
  • 市の魅力の発信に関する事業

 

基本目標3:子育てしやすい環境を整える

保健、福祉、教育などの関係機関と連携して、妊娠・出産期の支援をはじめ、子どもたちの成長に応じた切れ目のない子育て支援の充実を図ります。
また、地域における子育て支援サービスの充実とネットワークづくりを推進するとともに、子どもたちが健全に育つ環境を地域ぐるみで作り、安全・安心過ごせる環境の整備を行うことで、地域の活力を維持していきます。

関連するSDGsの主な目標

SDGs03

基本目標03具体的な事業

  • 早期発見・予防の充実に関する事業
  • 福祉医療費の助成に関する事業
  • 子育て不安の解消に関する事業
  • 道徳性・社会性の向上に関する事業
  • 個に応じたきめ細かな指導の充実に関する事業
  • 家庭教育力、地域教育力の充実に関する事業

 

基本目標4:日々の暮らしの安心をささえる

本市のブランドである「健康づくり」をさらに推進するとともに、心身ともに元気な生活を送るための取り組みの実施や市民との協働によって健康づくりに取り組む機会を創出します。
また、南海トラフ巨大地震等の発生に備え、防災・減災意識の高揚を図るとともに、地域のつながりや助け合いを促進・強化し、安心して生活ができる地域社会の構築を進めていきます。

関連するSDGsの主な目標

SDGs04

基本目標04具体的な事業

  • 健康増進事業の推進に関する事業
  • 高齢者の健康対策と社会参加の促進に関する事業
  • 障がい者の社会参加の促進に関する事業
  • 地域福祉活動の推進に関する事業
  • 生涯学習活動の参加促進に関する事業
  • 防災・減災意識の高揚に関する事業
  • 消費生活相談の充実に関する事業
  • 男女共同参画意識の啓発と普及に関する事業

 

基本目標5:これからの世代に支持される魅力的なまちにしていく

再生可能エネルギーの活用や環境に配慮した住宅・建築物の整備の促進など、今ある景観資源(特に緑環境)の保全に努めるとともに、将来的な人口減少に適応する「まち」を形成することで、地域の持続可能性を高めていきます。
また、行政と市民との協働を推進することで、地域の課題解決に向けた動きを促進します。

関連するSDGsの主な目標

SDGs02

基本目標05-1具体的な事業

  • 都市景観の向上事業
  • 汚水管の整備促進に関する事業
  • 排水施設の整備・維持管理に関する事業
  • 環境保全のための教育・学習・実践に関する事業
  • 地域住民による生活衛生環境の保全に関する事業
  • 地域コミュニティの活性化に関する事業
  • 効果的・効率的な行政運営に関する事業

 

基本目標05

寄附の流れ

1.寄附のご相談(企業様→尾張旭市)

企業様の御意向に沿って、寄附対象企業の決定を行います。
まずは下記問い合わせ先(企画課)までご相談ください。

2.寄附の受入れについてご連絡(尾張旭市→企業様)

ご相談内容の確認後、受入れ及び今後の手続きについてご連絡いたします。

3.寄附の申込(企業様→尾張旭市)

対象事業や寄付金額が決まりましたら、「寄附申出書」に必要事項をご記入の上、郵送、メールまたはFAXにて企画課にご提出いただきます。

4.寄附金の払込み方法の案内(尾張旭市→企業様)

「寄附申出書」の確認後、企業様へ納入通知書等を送付します。

5.寄附金の払込み(企業様→尾張旭市)

納入通知書が届きましたら、尾張旭市指定金融機関にて寄附金の納付をお願いいたします。

6.受領証の交付(尾張旭市→企業様)

納付確認ができましたら、「受領証」を発行いたします。
(注)「受領証」は、税額控除の申告を行う際に必要になりますので、大切に保管してください。

7.税の申告手続き(企業様)

受領証を使用し、税務署での税申告のお手続きをお願いいたします。

問い合わせ及び申出書提出先

尾張旭市役所企画部企画課政策企画係(北庁舎3階)

〒488-8666
尾張旭市東大道町原田2600番地1

電話:0561-76-8104(直通)

メール:kikaku@city.owariasahi.lg.jp

FAX:0561-52-5166

寄附をいただいた企業様の紹介

本市に寄附をいただいた企業様については、市ホームページ等でご紹介させていただきます。(公表を承諾いただいた場合のみ)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課政策企画係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8104