ホーム > 市政情報 > 統計情報 > 令和2年国勢調査の調査員募集のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年2月25日

令和2年国勢調査の調査員募集のお知らせ

尾張旭市では、令和2年10月1日を基準日として実施される国勢調査の調査員を募集しています。

国勢調査は、日本の未来を作るために必要な大切な調査です。この国の未来のために、ぜひ、あなたの力を貸してください。

国勢調査とは

国勢調査は日本国内に住んでいる「全ての人と世帯」を対象とする国の最も基本的な統計調査で、人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われます。

国勢調査から得られる結果は、国や地方公共団体の各種行政施策はもとより、企業・団体その他各方面にも幅広く利用されています。

今回の調査は、大正9年(1920年)の調査開始から数えて21回目に当たり、実施100年の節目の調査です。

国勢調査の調査期間

令和2年8月下旬から10月下旬

調査員の仕事と流れ

1.市が開催する調査員説明会に出席

市が実施する説明会(概ね2時間程度)に参加し、調査書類等の受け取りや、調査の進め方などの説明を受けます。

説明会

2.担当している地域の確認

担当している調査区の範囲や調査対象世帯の確認を行い、調査区要図の作成をします。

なお、1調査区あたりの調査対象件数は平均で50世帯から60世帯程度です。(調査区により異なります。)

事前調査

3.調査についての説明と調査書類の配布(対象調査世帯を訪問)

調査対象世帯の名簿作成、調査票の記入依頼及び配布を行います。

調査依頼

4.回答確認リーフレットの配布と調査票の回収(調査対象世帯を再訪問)

調査対象世帯の調査票を回収します。

なお、「インターネット回答」及び「郵送回答」した世帯の調査票は回収する必要はありません。

調査

5.調査票の整理と市役所への提出

調査票など調査関係書類を取りまとめ、市役所へ提出します。

整理

調査員報酬

1調査区で4万円程度、2調査区で7.5万円程度

(受け持った調査区の調査件数により増減します。)

募集人員

360人(募集人員に達した時点で締め切ります。)

調査員の応募要件

1.20歳以上で、責任をもって調査事務を遂行できるかた

2.秘密の保護に関し信頼のおけるかた

3.警察・選挙に直接関係のないかた

4.暴力団員その他の反社会的勢力に該当しないかた

応募方法

申込書又はあいち電子申請・届出システムのいずれかの方法で申込ください。

申込みの確認後、個別に簡単な業務の説明及び面接を市役所総務課で実施します。

申込書での申込

申込書に必要事項を記入の上、市役所総務課まで直接お待ちください。

なお、申込書の持参時に簡単な業務の説明と面接を実施します。

申込書は、市役所、スカイワードあさひ、ふれあい会館、城山コミュニティセンター、新池交流館ふらっと、東部市民センター、渋川福祉センター、宮浦会館、多世代交流館いきいき、保健福祉センター、各児童館、消防署、各公民館、図書館、総合体育館及び文化会館にも用意していますので、ご利用ください。

インターネット(スマートフォン可)からの申込

電信申請

時間や場所を問わず申込みが出来ますので、ご利用ください。

電子申請での応募を確認後、業務の説明及び面接の実施日について、職員から電話またはメールにて連絡します。

応募期限

令和2年6月30日まで

その他

ご応募の際、希望調査地域をお伺いしますが、調査区の配置状況により、ご希望される調査地域で従事していただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。


 

お問い合わせ

総務部総務課総務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8111