ホーム > 暮らしのガイド > 産業・観光 > 農業 > 農地法に基づく手続きについて

ここから本文です。

更新日:2020年1月24日

農地法に基づく手続きについて

届出に関すること

3条の3届出

相続等により農地法の許可を要しない場合で農地の権利を取得したとき

届出期日

権利取得を知った日から概ね10か月以内(随時受付)

届出方法

権利取得後の土地の登記全部事項証明書の写しを添付し、2部届出

手数料

無料

4条届出

市街化区域内の農地を農地以外の用地に転用し、農地の権利移動を伴わない場合

受付締切日

毎週月曜日(受理通知日翌週月曜日)

届出方法

届出書及び添付書類2部

手数料

無料

5条届出

市街化区域内の農地を農地以外の用地に転用し、農地の権利を設定又は移転する場合

受付締切日

毎週月曜日(受理通知日翌週月曜日)

届出方法

届出書及び添付書類2部

手数料

無料

届出窓口

尾張旭市農業委員会事務局(市民生活部産業課内)

許可申請に関すること

3条許可(農業委員会長許可)

農地について所有権や賃貸権などの権利を設定、移転するとき

受付期間

毎月8日から14日まで(14日が閉庁日の場合、次の平日まで)

申請方法

申請書及び添付書類2部

手数料

無料

4条許可(県知事許可)

市街化調整区域内の農地を農地以外の用途に転用し、権利移動を伴わないとき

受付期間

毎月8日から14日まで(14日が閉庁日の場合、次の平日まで)

申請方法

申請書3部及び添付書類2部

手数料

無料

5条許可(県知事許可)

市街化調整区域内の農地を農地以外の用途に転用し、権利を設定又は移転するとき

受付期間

毎月8日から14日まで(14日が閉庁日の場合、次の平日まで)

申請方法

申請書3部及び添付書類2部

手数料

無料

申請窓口

尾張旭市農業委員会事務局(市民生活部産業課内)

農地取得に必要な下限面積について

農地法第3条第2項第5号の規定による下限面積に代わる別段の面積の設定については、本市農業委員会では、政省令の基準に従い、2015年農林業センサスに基づく農地面積別の農家世帯数を考慮して、全体の農家数の約4割を下回らないように算定した結果、20アールに設定しています。

なお、農地の遊休化が深刻な状況にあり、新規就農を促進しなければ農地の保全及び有効利用が図れない場合は、さらに下限面積を引き下げることができるとされていますが、本市の遊休農地面積は農地全体の約2.5%と少ないことから、引き続き、本市農業委員会では20アールに設定しています。

農地の貸借、売買、譲渡等には、耕作者の経営面積が、下限面積に代わる別段の面積以上であることが必要です。

下限面積に代わる別段の面積のお知らせ(PDF:13KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部産業課農政係

尾張旭市東大道町2600-1

電話番号:0561-76-8133