ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 文化財 > 文化財保護 > 旭サナック本館(登録有形文化財23-0133号)

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

旭サナック本館(登録有形文化財23-0133号)

員数

1棟

種別

登録有形文化財(国)

指定年月日

平成16年6月9日

所在地

旭前町新田洞5050番地

所有者 旭サナック株式会社
構造

木造2階建、鉄板葺、

建築面積338平方メートル

登録基準 造形の規範となっているもの

 

旭サナック本館

 

「大隈鉄工所旭分工場」として、昭和14年(1939年)に当時の海軍の規格により建設された、木造2階建ての建物です。玄関ホールから階段室にかけての空間や、2階の南側3室がほとんど当時のまま残っています。部屋の天井は高く、木と漆喰という素朴な材料で、職人の技を生かした、品のある落ち着いた空間になっています。

戦前は海軍に在籍されていた高松宮殿下のご台臨や、皇族の貴賓室としても使用されていました。中でも旧海軍のシンボルである「錨(いかり)」と「橘(たちばな)」をあしらった漆喰天井のレリーフは見事です。

現在も旭サナック株式会社の本館として使用されています。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144