ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 高額介護サービス費

ここから本文です。

更新日:2021年7月7日

高額介護サービス費

介護保険のサービスは、原則かかった費用の自己負担割合分を利用者が負担することになります。
また、施設に入所する場合またはショートステイを利用する場合などは、自己負担割合分の利用者負担のほか、食費や居住費(滞在費)が必要となります。
利用者負担が高額となった場合、次の区分ごとの上限額を超えた額を申請により支給します。

 

高額介護サービス費

<令和3年7月サービス利用分まで>

所得区分

利用者負担上限額

現役並み所得相当の世帯(注1) 44,400円
一般世帯 44,400円(注2)
世帯全員が住民税非課税の人 24,600円
  • 課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の人
  • 老齢福祉年金の受給者
15,000円(個人)
生活保護の受給者 15,000円(個人)
(注1)世帯内に課税所得145万円以上の被保険者がいる場合であって、世帯年収520万円以上(単身世帯の場合は383万円以上)

(注2)平成29年8月から一般世帯区分の自己負担上限額が37,200円から44,400円に変更となりました。1割負担者(年金収入280万円未満)のみの世帯については、平成32年8月まで年間上限額を446,400円(37,200円×12月)としています(3年間の時限措置)。→終了しました。

<令和3年8月サービス利用分から>

所得区分

負担の上限額(月額)

課税所得690万円(年収約1,160万円)以上

140,100円(世帯)(注3)

課税所得380万円(年収約770万円)以上

課税所得690万円(年収約1,160万円)未満

93,000円(世帯)(注3)

市町村民税課税~課税所得380万円(年収約770万円)未満

44,400円(世帯)(注3)

世帯の全員が市町村民税非課税等

24,600円(世帯)(注3)

世帯の全員が市町村民税非課税で、次のいずれかに該当する場合

  • 前年の公的年金等収入金額+その他の合計所得金額の合計が80万円以下の方
  • 老齢福祉年金を受給している方

24,600円(世帯)(注3)

15,000円(個人)(注4)

生活保護を受給している方等

15,000円(世帯)(注3)

(注3)住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指します。

(注4)介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。

その他

高額介護サービス費の対象となるかたには、支給申請書をお送りします。初回のみ支給申請をされると、その後は、高額介護サービス費が発生した場合に、初回申請の時に指定した口座に自動的に振り込まれます。
申請忘れのないよう、お早めの提出をお願いします。

お問い合わせ

健康福祉部長寿課介護保険係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8144