ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 医療費助成 > 子ども医療費助成の推移及び医療機関の適正受診について

ここから本文です。

更新日:2021年12月24日

子ども医療費助成の推移及び医療機関の適正受診について

子ども医療費助成の推移について

ども医療に係る平成28年度から令和2年度までの過去5年度分の医療費助成額と助成件数についてお知らせします。
療費助成額については、令和2年度は、前年度に比べ、約8,112万円、17.8%減の3億7,393万9,285円となりました。
また、助成件数については、令和2年度は、前年度に比べ、38,097件、19.3%減の15万9,230件となり、前年度に比べ助成額・助成件数ともに減少となりました。

【子ども医療費の助成額及び助成件数】

助成額及び助成

年度 助成額(円) 助成件数(件)

H28

478,774,952

209,820

H29

458,377,494

204,430

H30

460,325,470

202,110

R1

455,065,353

197,327

R2

373,939,285

159,230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども医療費対象年齢のかたの時間外、休日、深夜の加算状況について

ども医療費対象年齢のかた(0歳~15歳の母子・父子家庭医療費受給者、障害者医療費受給者を含む)に係る令和2年と令和3年のそれぞれ9月の1カ月間における時間外、休日、深夜の加算の状況をお知らせします。(国民健康保険被保険者分)

令和2年9月診療分

 

受診人数

 

実日数

 

決定点数 助成金額
(円)
1件あたりの助成金額
(助成金額/実日数)
加算対象となる診療(件) 割合(%)
(加算対象/実日数)
時間外 休日 深夜
未就学児
小計

337

458

318,894

637,788

1,392.6

15

6

0

21

4.6

小学生
小計

411

524

392,537

1,177,611

2,247.3

0

2

1

3

0.6

中学生
小計

208

283

227,670

683,010

2,413.5

0

0

1

1

0.4

956

1,265

939,101

2,498,409

1,975.1

15

8

2

25

2

就学児では4.6%、小学生では0.6%、中学生では0.4%のかたが、時間外、休日、深夜に医療機関を受診しています。

令和3年9月診療分

  受診人数 実日数 決定点数 助成金額(円) 1日あたりの助成金額
(助成金額/実日数)
加算対象となる診療(件) 割合(%)
(加算対象/実日数)
前年比(ポイント)
時間外 休日
未就学児
小計

361

487

461,034

922,068

1,893.4

19

0

0

3.9

-0.7

小学生
小計

353

484

341,861

1,025,583

2,119.0

0

2

1

0.6

0

中学生
小計

190

232

156,055

468,165

2,018.0

0

1

0

0.4

0

904

1,203

958,950

2,415,816

2,008.2

19

3

1

1.9

-0.1

就学児では3.9%、小学生では0.6%、中学生では0.4%のかたが、時間外、休日、深夜に医療機関を受診しています。診療実日数に対する加算件数の割合の対前年比は、未就学児では0.7ポイントの減となっておりますが、小学生、中学生の増減はなく、全体では、0.1ポイントの減になっています。

前年同月との比較(令和3年9月/令和2年9月)

  受診
人数
実日数 決定点数 助成金額(円) 1日あたりの助成金額(助成金額/実日数) 加算対象となる診療(件)
時間外 休日 深夜
未就学児
小計

7.1

6.3

44.6

44.6

36

26.7

-100.0

-

-9.5

小学生
小計

-14.1

-7.6

-12.9

-12.9

-5.7

-

0

0

0

中学生
小計

-8.7

-18.0

-31.5

-31.5

-16.4

-

-

-100.0

0

-5.4

-4.9

2.1

-3.3

1.7

26.7

-62.5

-50.0

-8.0

療機関で受診した子どもの人数(国民健康保険加入者に限る)は、未就学児は増加、小学生及び中学生では減少しており、全体では約5%減となっています。

【未就学児に係る受診人数及び加算件数】

未熟児受診人数及び加算件数

  時間外 休日 深夜 加算合計 実日数 受診人数 割合(%)
(加算合計/実日数)
R2.9

15

6

0

21

458

337

4.6

R3.9

19

0

0

19

487

361

3.9

R2.9
―――
R3.9

26.7%

-100.0%

-

-9.5%

6.3%

7.1%

-0.7ポイント

就学児の受診人数は前年と比較して7.1%増加していまが、加算件数が9.5%、診療実日数に対する加算件数の割合が0.7ポイント減少していることから、時間外、休日、深夜での診療が減少していることが伺えます。

子様の体調が急に悪くなったときや、やむを得ない場合を除いては、下記の「救急電話相談」などを利用していただき、診療時間内に受診しましょう。

医療機関の適正受診にご協力ください!!

間や休日に、軽症の患者さんの救急医療への受診が増えることにより、緊急性の高い重症の患者さんの治療に支障をきたしています。

みんなが安心して必要なときに医療が受けられるように、医療機関等を受診するときには、適正な受診を心がけましょう。

なるべく夜間や休日の受診を避けましょう

間や休日など、診療時間外は加算料金がかかり医療費の増加につながります。

病などのときは、やむを得ませんが、翌朝や平日の時間内に受診できないか、受診前によく考えてみましょう。

夜間に受診するか迷ったときは、まず「救急電話相談」を利用しましょう

間や休日に、急に子どもが体調を崩した場合などに利用してください。

児科の医師や看護師から、症状に応じた適切なアドバイスが受けられます。

  • 小児救急電話相談
電話番号 ♯8000または052-962-9900
相談日 毎日
受付時間 午後7時から翌日午前8時まで

 

「こどもの救急ハンドブック」もご利用ください。

子さんの具合が悪くなったときに、しばらく様子をみていいのか、すぐに医療機関を受診した方が良いかなど、症状に合わせた具体的な対処法を記載していますので、医療機関を受診するかどうかの判断の参考にしてください。

重複受診をやめ、信頼できる「かかりつけ医」を持ちましょう

じ病気で複数の医療機関を受診する「重複受診」は、医療費のムダになるだけでなく、治療に支障をきたすこともあります。病歴や普段の健康状態を把握してくれる「かかりつけ医」がいると安心です。家族ぐるみで信頼できる身近な医師を見つけ、気になることがあったら、まずはかかりつけ医に相談する習慣をつけましょう。

ジェネリック医薬品の利用にご協力ください

ジェネリック(後発)医薬品とは、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分、同等の効能効果を持つ医薬品で、新薬よりも低価格です。医師や薬剤師に相談したり、「ジェネリック医薬品希望カード」などを提示してください。

整骨院・接骨院のかかり方に気を付けましょう

康保険を使える範囲が限定されていますので、ご注意ください。

<健康保険が使える場合>

急性・亜急性の外傷性の原因による次の施術を受けたとき

  • 打撲・ねんざ・挫傷(肉離れ)
  • 骨折・脱臼(応急手当ての場合を除き、医師の同意が必要)

<健康保険が使えない場合(例)>

  • 日常生活による単なる肩こりや筋肉疲労
  • スポーツなどによる筋肉疲労、筋肉痛
  • 神経痛、リウマチ、五十肩、関節炎、ヘルニアなどが原因の痛みやこり
  • 脳疾患後遺症などの慢性病
  • 症状の改善が見られない長期の施術
  • 病院で同じ負傷などを治療中のもの
  • 労災保険が適用となる仕事中、通勤中の負傷

お問い合わせ

健康福祉部保険医療課福祉医療係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8152