ホーム > 暮らしのガイド > マイナンバー制度 > マイナンバーの通知(通知カード)について > 通知カードに関する手続き(紛失、番号変更、返納)について

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

通知カードに関する手続き(紛失、番号変更、返納)について

このページでは、通知カードに関する主な手続き(紛失、番号変更、返納)についてまとめています。

 通知カードを紛失したとき(紛失届)

事故防止のため、以下のものをお持ちの上、市民課窓口へお越しください。

<本人が申請する場合の必要書類>

<代理人が申請する場合の必要書類>

  • 代理人の本人確認書類(詳細は「通知カード、マイナンバーカード関係手続に係る本人確認書類」をご確認ください)
  • 警察署で発行される遺失・盗難届の受理番号の控え(自宅で紛失した場合は不要です。)
  • 任意代理人が手続きする場合は「委任状(PDF:167KB)」(同一世帯員の場合は不要です。)
  • 法定代理人が手続きする場合は「法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本等)」が必要です。ただし、15歳未満の方の「親権者である法定代理人」の場合は、本籍地が尾張旭市または住民票で同一世帯かつ親子関係が確認できる場合は不要です。

 漏えいの可能性があるため、マイナンバーの変更を希望するとき(個人番号指定請求)

通知カード紛失により、マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる場合は、マイナンバーの変更手続きをすることができます。以下のものをお持ちの上、市民課窓口へお越しください。

<本人が申請する場合の必要書類>

<代理人が申請する場合の必要書類>

  • 本人(複数いる場合は全員分)の本人確認書類(詳細は「通知カード、マイナンバーカード関係手続に係る本人確認書類をご確認ください。」
  • 代理人の本人確認書類(詳細は「通知カード、マイナンバーカード関係手続に係る本人確認書類」をご確認ください)
  • マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあることを証明する書類(警察署に紛失の届出をしたことを証明する書類等)
  • 任意代理人が手続きする場合は「委任状(PDF:167KB)(注)同一世帯員であっても委任状が必要です。
  • 法定代理人が手続きする場合は「法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本等)」が必要です。ただし、15歳未満の方の「親権者である法定代理人」の場合は、本籍地が尾張旭市または住民票で同一世帯かつ親子関係が確認できる場合は不要です。

(注)個人番号の変更後、古い通知カードが見つかっても使用できませんので、古い通知カードは返却してください。
(注)全国の番号付番サーバーの停止により、日曜窓口時は手続きできません。

 通知カードを返納するとき(返納届)

通知カードには、日本人、外国人問わず、有効期限はありません。
ただし、以下に該当する場合は、通知カードを返却する必要がありますので、市民課窓口へ通知カードを返却してください。

  • マイナンバーカードの交付を受けようとするとき(交付時に引き換え)
  • マイナンバーを変更したとき(個人番号指定請求をしたとき)
  • 通知カードの再交付を受けたあと、紛失していた通知カードを発見したとき
  • 海外へ転出したとき

返却する際は以下のものをお持ちの上、受付窓口へお越しください。

  • 該当者の通知カード(本人確認書類にはなりません。)
  • 窓口に来られる方の本人確認書類(詳細は、「通知カード、マイナンバーカード関係手続に係る本人確認書類」をご確認ください。)
  • 任意代理人が手続きする場合は、上記に加えて「委任状(PDF:167KB)」が必要です。(同一世帯員の場合は不要です。)
  • 法定代理人が手続きする場合は、上記に加えて「法定代理人であることを証明する書類(戸籍謄本等)」が必要です。ただし、15歳未満の方の「親権者である法定代理人」の場合は、本籍地が尾張旭市または住民票で同一世帯かつ親子関係が確認できる場合は不要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部市民課市民係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8130