ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > ごみ・リサイクル > マイバック持参運動、レジ袋削減事業

ここから本文です。

更新日:2020年2月19日

マイバック持参運動、レジ袋削減事業

本市では、地球温暖化防止とごみ減量施策の一環として、レジ袋の削減についての取り組みを推進しています。市民団体と事業者と行政の3者がレジ袋削減について話し合い「尾張旭市マイバッグ持参運動ネットワーク」を催し、それぞれの立場での意見を交換しました。その中で、「尾張旭市におけるレジ袋削減・無料配布中止に関する協定」を締結し、市内のレジ袋有料化を平成21年4月1日に実施する方針が決められました。
地球温暖化を防止し、ごみを減らすためにも”マイバッグやマイバスケット”を持参して、お買い物していただきますようご協力をお願いしたします。

マイバッグ持参運動ネットワーク参加者等について

参加事業者、店舗及び協定書

事業者名 店舗名 協定書
(株)イトーヨーカ堂 イトーヨーカドー尾張旭店 協定書
JAあいち尾東 尾張旭グリーンセンター、尾張旭産直センター 協定書
(株)トップワン トップワン食品館本地店 協定書
(株)トミダ ナフコ尾張旭店 協定書
(株)バロー バロー城山店 協定書
(株)ヤマナカ ヤマナカ三郷店 協定書
(株)ユニー ピアゴ印場店 協定書
(株)大光 アミカ尾張旭店 協定書

 

参加市民団体

  • 愛知県消費者協会尾東支部尾張旭班
  • 尾張旭市子ども会連絡協議会
  • 尾張旭市商工会所女性
  • 尾張旭市地域活動連絡協議会
  • 尾張旭市地域婦人団体連絡協議会
  • 尾張旭市婦人消防クラブ
  • 尾張旭生活学校
  • JAあいち尾東女性部尾張旭支部

レジ袋辞退率の報告について

年度

レジ袋辞退率

(実施店舗の集計値)

レジ袋削減枚数

(実施店舗の合計の推計値)

平成30年度

89.6%

4,632,214枚

算出方法(例)

辞退率:(レジ通過客数-レジ袋購入者数)÷レジ通過客数×100

削減枚数:(レジ通過客数-レジ袋購入者数)×1人平均販売枚数

レジ袋収益金の還元について

協定で「収益金が生じた場合は、環境保全活動や地域貢献活動に還元し、その内容を公表する。ただし、収益金が小額であり有効的な還元が難しい場合、マイバッグ持参運動ネットワークにおいて還元先を定める。」とあります。
マイバッグ持参運動ネットワークに還元先を定めるよう依頼のありました店舗については、その収益金を尾張旭市緑化推進基金もしくは尾張旭市社会福祉推進協議会への寄附により還元しています。また、その他の店舗については、各店舗が独自に環境保全活動や地域貢献活動を行うことで還元しています。

平成30年度分の収益金

収益金のあった店舗
(11店舗中)
7店舗
収益金合計
(7店舗)
2,697,748円
還元先等 尾張旭市緑化推進基金への寄附
(2店舗、162,962円)
独自に還元
(5店舗、2,534,786円)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課ごみ減量係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8135