ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 上水道 > マイクロ水力発電事業

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

マイクロ水力発電事業

再生可能エネルギーの有効活用を図るため、柏井配水場(尾張旭市大字新居字柏井地内)において、官民連携により「マイクロ水力発電施設」を設置し、令和4年4月から本稼働しました。

このマイクロ水力発電は、市が設置場所を貸し、発電事業者が設備の設置及び維持管理を行うもので、市へは発電によって得られる売電利益の一部等が還元されます。

水力発電のしくみ

愛知用水水道事務所尾張旭出張所からポンプ圧送されている水道水の流入の際の余剰圧力を有効活用し発電を行います。

しくみ

発電能力と環境への貢献

年間約294Mwhの発電量を見込み、これにより約136トンのCO₂削減効果が期待されます。これは、一般家庭約82戸分の年間電気使用量に相当します。

写真

 

事業概要

  1. 発電事業者は株式会社DKーPower(大阪府吹田市)です。
  2. 事業実施にあたり、市と発電事業者で協定(令和2年10月1日付)を締結しており、発電期間は20年間です。
  3. 発電事業者は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用し売電を行います。
  4. 市へは、発電事業者から行政財産目的外使用料、売電利益還元料が納付されます。また、施設設置に伴う固定資産税が納付されます。

お問い合わせ

都市整備部上水道課工務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8169