ここから本文です。

更新日:2020年6月3日

代理受領制度について

耐震等関連事業に係る補助金代理受領制度について

和2年5月1日より、補助金の代理受領制度が創設されました。ぜひご活用ください。

代理受領制度とは

物所有者等(申請者)が尾張旭市の補助金を受けて耐震等関連事業(耐震改修工事等)を行う場合に、補助金の受領を事業者へ委任することで、補助金相当額が支払いから控除されます。申請者は補助金相当額を除いた工事費用を用意すれば良いため、工事等のために準備する資金の負担が軽減されます。

seido

代理受領制度が活用できる補助金

  • 木造住宅耐震改修費補助金
  • 木造住宅段階的耐震改修費補助金
  • 木造住宅耐震シェルター整備費補助金
  • 戸建住宅除却費補助金
  • ブロック塀等撤去工事費補助金

代理受領制度の流れ

dairinagare

要綱・申込書関係

尾張旭市耐震等関連事業に係る補助金代理受領に関する事務取扱要綱(PDF:94KB)

申請書等様式



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部都市計画課建築住宅係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8158