ホーム > 暮らしのガイド > まちづくり > 都市計画 > 国土利用計画法第23条第1項の届出

ここから本文です。

更新日:2021年4月5日

国土利用計画法第23条第1項の届出

一定規模以上の土地取引の場合には、国土利用計画法に基づく届出が必要です。土地の投機的取引や地価の高騰を抑制するとともに、適正かつ合理的な土地利用の確保を図るため、土地取引について届出制を設けています。


届出対象面積

  • 市街化区域=2,000平方メートル以上
  • 市街化調整区域=5,000平方メートル以上

届出義務者

  • 権利取得者(売買の場合は買主)

書類の提出先など

提出先

尾張旭市役所都市整備部都市計画課

提出書類

  • 土地売買等届出書=2部
  • 契約書の写し=2部
  • 位置図(道路地図など)=2部
  • 周辺状況図(住宅地図など)=2部
  • 公図の写し(形状を朱書き)=2部
  • 実測求積図(実測面積で売買の場合)=2部
  • 委任状=正本1部、写し1部

届出期限

契約を締結した日から起算して2週間以内

注意事項

  • 届出書は契約書ごとに作成してください。
  • 本人以外の届出は、国土法届出などの委任状が必要です。
  • 複数の筆があり届出書に記載できない場合、「別紙のとおり」とし一覧を添付してください。

関連ページ

愛知県都市計画課

お問い合わせ

都市整備部都市計画課都市政策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8156