ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市の取り組み > 市の計画・ビジョン > 第三次都市計画マスタープラン

本文

第三次都市計画マスタープラン

ページID:0031880 更新日:2024年5月24日更新 印刷ページ表示

都市計画マスタープランとは

都市計画マスタープランは、都市計画法(昭和43年法律第100号)第18条の2の規定 に基づき、市町村が定める都市計画に関する基本的な方針です。 概ね20年後の都市の姿を見据え、10年後を目標年次とする整備目標などを定めます。

第三次都市計画マスタープラン策定の目的 

尾張旭市は、現在の都市計画マスタープランの下さまざまな都市基盤の整備に取り組んできましたが、近年は人口減少や少子超高齢化の進展、大規模災害の発生、市民の居住ニーズの多様化 など、社会情勢が大きく変化しています。 また、令和6年度からは市の最上位計画である第六次総合計画が新たにスタートすることから、上位計画の内容や社会情勢の変化を的確に捉え、まち全体の暮らしの質を高め、持続可能なまちづくりを推進するため、新たな都市計画マスタープランを策定します。

第三次都市計画マスタープラン策定に向けた市民ワークショップの開催について

尾張旭市では、新たな都市計画マスタープランを策定するため、市民ワークショップを開催することとなりました。

市民の皆様が今後のまちづくりを身近に感じ、「自分や地域の仲間とできること」や「市と一緒にできること」等を考えていくワークショップです。

是非お気軽にご参加ください。詳細は下記チラシをご覧ください。

尾張旭市都市マスWSフライヤー

ワークショップ参加申込フォーム<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?