ここから本文です。

更新日:2019年10月18日

会議公開基準

1属機関の会議は、原則として公開する。ただし、次のいずれかに該当する場合を除く。

(1)令又は条例により、会議が非公開とされている場合

(2)張旭市情報公開条例(平成12年条例第25号)第7条各号に掲げる情報(以下「非公開情報」という。)に該当すると認められる事項について審議等を行う場合

(3)議を公開することにより、当該会議の適正な運営に著しい支障が生ずると認められる場合

2則として会議を公開する附属機関が非公開とする場合

(1)原則として会議を公開する附属機関の会議は、出席委員の過半数の同意により非公開とすることができる。

(2)附属機関は、非公開の決定をした場合には、その理由を明らかにしなければならない。

3則として会議を非公開とする附属機関の場合

(1)属機関の会議が1のアに該当する場合又は附属機関の審議内容のほとんどが1のイ、ウに該当する場合は、当該附属機関設置後最初の会議において、今後の会議を非公開とすることを決定する。

(2)附属機関は、非公開の決定をした場合には、その理由を明らかにし、行政経営課に報告するものとする。

(3)則非公開の決定をした附属機関であっても、審議内容等により公開できる会議の場合は、公開するようにしなければならない。この場合、公開の決定は、当該附属機関が行う。

4開の方法等

(1)属機関の会議の公開は、会場に一定の傍聴席を設け、希望する者に傍聴を認めることにより行うものとする。

(2)議を公開するに当たっては、会議が公正かつ円滑に行われるよう傍聴手続き、遵守事項等を定め、会議の秩序維持に努めなければならない。

(3)属機関は、非公開情報が記録されているものを除き、会議資料を傍聴者に配布又は閲覧に供するよう努めるものとする。

5議開催の周知

(1)属機関は、会議を開催するに当たっては、当該会議開催日の10日前までに、ホームページ等により市民に周知するものとする。ただし、会議を緊急に開催する必要が生じたときは、この限りでない。

(2)議の全部又は一部が非公開となる可能性のある場合については、会議開催の周知の際にその旨を記載することとする。

(3)則非公開の決定をした附属機関については、会議開催の周知は必要としない。ただし、審議内容等により会議を公開する可能性のある場合については、周知するものとする。

6議資料等の公開

属機関は、会議資料及び当該会議の議事録又は議事要旨を公開するよう努めなければならない。ただし、非公開情報が記録されているものを除く。

7開状況の公表

この基準に基づく附属機関の会議の公開状況は、毎年度市長が取りまとめ公表する。

お問い合わせ

総務部総務課法務文書係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8112