ホーム > 市政情報 > 市制50周年記念事業

ここから本文です。

更新日:2021年8月26日

市制50周年記念事業

尾張旭市は、昭和45年に市制を施行し、令和2年12月1日に市制施行から50周年を迎えます。将来へ続く継続的なまちの発展や活力につなげるため、

ともにつなごうさひの歩み・いま・未来

をテーマに、全市を挙げて「市制50周年記念事業」を実施します。

  • 新型コロナウイルス感染症対策のため、広報などでお知らせしたイベントについても、一部イベントが中止・延期となる場合があります。
  • 記念事業を実施する場合にあっては、「新しい生活様式」を取り入れた方法を予定しています。

市長メッセージ(尾張旭市制50周年記念式典での市長式辞)

本来であれば、ご来賓をはじめ多くの方々にご臨席を賜り、市制50周年記念式典を盛大に挙行するところですが、新型コロナウイルス感染症の感染防止を図るため、規模や内容を大幅に縮小して、一部の方のみの参加とさせていただきました。本市の発展に多大なる貢献をいただいた皆様には、多くの方々に祝福され表彰の栄に浴されるべきでございますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

さて、私たちのまち、尾張旭市は、昭和45年12月1日、県内27番目の市として誕生し、その後先人のたゆまぬ努力によって、着実に発展を遂げ、50周年という輝かしい日を迎えることができました。思えば今から50年前、ちょうど私は20歳を迎えた年であり、生まれ育ったふるさと尾張旭が、これからもっと発展するだろうと大いに高揚した憶えがあります。そして、今、まちを見渡しますと、その風景の変化に驚くとともに、市域が満遍なく発展を続けてきたことに深い感慨を抱かずにはおれません。

こうした今日の発展は、皆様をはじめ、これまで市政に携わっていただいた多くの方々のご尽力と、先人たちの熱き想い、そして市民の皆様の多大なるご支援とご協力の賜物であると深く感謝いたしております。

また、本日、表彰の栄に浴される皆様に、心から敬意を表し、重ねて感謝申し上げます。引き続き、ご尽力を賜りますようお願い申し上げるとともに、人の輪、活動の輪をさらに広げていただきたいと存じます。

私は、市長就任以来、「こどもは宝、健康は宝、幸せづくりは宝」を基本姿勢として、先人が築き、守り続けてきた「住みよさ」という本市の魅力を活かしながら、市政運営を進めております。幸いにも、皆様のご協力により、各事業は順調に進み、着実に成果を上げていくものと実感しておりますが、今後は「コロナと共に生きる時代」のもと、多様な課題に直面することがあろうかと存じます。こうした新たな時代に、行政もこれまでと違った新たな考え方へと、転換していかなければなりませんが、そうした中にあっても、こどもや健康、幸せを重視した取組みについては、変わることなく全力で推し進めてまいる所存です。

結びに、本市の発展のために貢献いただいた全ての皆様に、心からの感謝と御礼を申し上げますとともに、市制50周年を契機に、さらに躍進する尾張旭市への一層のご支援とご指導をお願い申し上げ、皆様のご健勝でのご活躍、ご多幸を祈念し、市制50周年記念式典の式辞といたします。

トピックス

【実施中のもの】

【中止・終了したもの】

市民お祝い事業

市民お祝い事業は、市民や団体等の皆さんが、市制50周年を記念して主体的に企画し実施していただく事業です。

あさぴーお祝い事業

あさぴーお祝い事業は、市制50周年を記念して市が主催または共催して行う事業です。

寄贈いただいた皆さま

尾張旭市制50周年記念事業計画

  • 尾張旭市制50周年記念事業の事業計画を策定しました。(令和2年2月)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、事業計画の一部を改訂しました。(令和2年9月)

尾張旭市制50周年記念事業基本構想

  • 基本理念や記念事業の方針・実施期間・事業構成・実施体制など、市制50周年記念事業の大まかな枠組みを示す「尾張旭市制50周年記念事業基本構想」を策定しました。(平成31年3月)
  • 「尾張旭市制50周年記念事業基本構想」の一部を改訂しました。(令和元年8月)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課政策企画係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8104