ホーム > 市政情報 > 市制50周年記念事業

ここから本文です。

更新日:2021年5月6日

市制50周年記念事業

尾張旭市は、昭和45年に市制を施行し、令和2年12月1日に市制施行から50周年を迎えます。将来へ続く継続的なまちの発展や活力につなげるため、

ともにつなごうさひの歩み・いま・未来

をテーマに、全市を挙げて「市制50周年記念事業」を実施します。

  • 新型コロナウイルス感染症対策のため、広報などでお知らせしたイベントについても、一部イベントが中止・延期となる場合があります。
  • 記念事業を実施する場合にあっては、「新しい生活様式」を取り入れた方法を予定しています。

新しい生活様式により市制50周年記念事業を開催します。(市長メッセージ)

尾張旭市は今年、市制50周年という節目の年を迎えています。本来であれば、市民や団体の皆様と一緒に、さまざまなイベントを開催する予定でしたが、感染拡大防止の観点から、やむなくほとんどの事業の開催を見直すこととなりました。

市内外の皆様とともに、盛大にお祝いすることを楽しみにしていましたので、大変残念ではありますが、先人たちもこうした困難を乗り越え、緑豊かな住みよいまちを築いてきたおかげで、現在の尾張旭市があると改めて実感しています。

新型コロナウイルス感染症という新たな困難に直面している私たちも、この状況に負けず、元気に乗り越えていく姿を、未来へと引き継いでいくことが、市制50周年記念事業のテーマである「ともにつなごうさひの歩み・いま・未来」の実現につながるものと考えます。

このため、予定していた各種の市制50周年記念事業の内容については、「新しい生活様式」を踏まえた形へと見直し、創意工夫を凝らしながら実施していきたいと考えております。

例えば、12月に開催する「市制50周年記念式典」は、来場者と実施内容を限定して開催しました。

また、NHKのファミリー向け人気番組「みいつけた!」の公開収録は、できる限り多くの御家族に楽しんでいただけるように、観客席の間隔を開ける等、万全の態勢で対応しました。

皆さんの命と健康、暮らしを守るためには、一人ひとりの行動が非常に重要となります。今後も、日常生活に感染予防を取り入れ、「新しい生活様式」による感染の拡大防止に向け、引き続きご理解とご協力をお願いします。

トピックス

市民お祝い事業

市民お祝い事業は、市民や団体等の皆さんが、市制50周年を記念して主体的に企画し実施していただく事業です。

あさぴーお祝い事業

あさぴーお祝い事業は、市制50周年を記念して市が主催または共催して行う事業です。

事業一覧等はあさぴーお祝い事業一覧をご覧ください。

寄贈いただいた皆さま

尾張旭市制50周年記念事業計画の策定

  • 尾張旭市制50周年記念事業の事業計画を策定しました。(令和2年2月)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、事業計画の一部を改訂しました。(令和2年9月)

市制50周年記念事業基本構想

  • 基本理念や記念事業の方針・実施期間・事業構成・実施体制など、市制50周年記念事業の大まかな枠組みを示す「尾張旭市制50周年記念事業基本構想」を策定しました。(平成31年3月)
  • 「尾張旭市制50周年記念事業基本構想」の一部を改訂しました。(令和元年8月)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課政策企画係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8104