ホーム > 市政情報 > 統計情報 > 令和2年国勢調査について

ここから本文です。

更新日:2020年2月25日

令和2年国勢調査について

2020

令和2年10月1日を基準として、全国一斉に国勢調査が実施されます。

国勢調査は、日本の未来をつくるために必要な、大切な調査です。

国や地方公共団体が正確な統計に基づいて、公正で効率的な行政を行うためには、日本に住むすべての人・世帯に漏れなく、正確な回答をしていただく必要があります。
令和2年国勢調査へのご協力をお願いします。

総務省「国勢調査2020キャンペーンサイト」もぜひご覧ください。

国勢調査とは

国勢調査は日本国内に住んでいる「全ての人と世帯」を対象とする国の最も基本的な統計調査で、人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われます。

国勢調査から得られる結果は、国や地方公共団体の各種行政施策はもとより、企業・団体その他各方面にも幅広く利用されます。

今回の調査は、大正9年(1920年)の調査開始から数えて21回目にあたり、実施100年の節目の調査です。

国勢調査歩みロゴ

調査の期日

令和2年10月1日現在で実施します。

調査の対象

令和2年10月1日現在、尾張旭市内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

調査事項

世帯員について

「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など15項目

世帯について

「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

調査の流れ

国勢調査は、調査員が令和2年9月中旬頃に各世帯を訪問し、調査書類を配布した後、インターネットによる回答を先行して受け付ける方法で行われます。調査完了後は、全ての調査票が総務省統計局に集められ、独立行政法人統計センターで集計されます。

※調査員は、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員です。

インターネット回答について

情報通信技術(ICT)の進展の状況を踏まえ、平成27年国勢調査よりインターネット回答を導入されました。インターネットでの回答は市民の負担軽減・利便性の向上や、正確かつ効率的な統計の作成、調査員事務の負担軽減を図ることができます。パソコンやタブレット、スマートフォンから、インターネット回答へのご協力をお願いします。

インターネット回答のポイント

  • 仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯であっても、期間中は、いつでもお好きな時間に回答できます。

好きな時間

  • インターネットで回答された世帯は、紙の調査票の提出が不要となります。紙の調査票には何も記入せずに、他に使われないように、廃棄してください。

紙不要

  • インターネット回答中の通信は、すべて暗号化(SSL/TLS方式)されています。また、不正アクセス防止の対策を24時間行っています。

セキュリティ

結果の公表

調査の結果は最も早い「人口速報集計」を令和3年2月に公表し、その後、年齢別人口・世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」を令和3年9月までに公表する予定です。
公表した調査結果については、総務省統計局のホームページのほか、都道府県立図書館などで、どなたでもご覧いただけます。

マンション管理者・関係機関・団体のみなさまへ

国勢調査は、非常勤の国家公務員である「国勢調査員」が世帯を訪問する方法によって行われます。調査を進める上での最大のポイントは、すべての人と世帯をもれなく、重複なく調査することです。国勢調査を正確かつ円滑に実施するには、マンション管理者のみなさまや関係機関・団体のみなさまのご協力が必要不可欠です。

管理者のみなさまへ

お問い合わせ

総務部総務課総務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8111