ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 特定入所者介護(介護予防)サービス費

ここから本文です。

更新日:2021年8月6日

特定入所者介護(介護予防)サービス費

市町村民税非課税世帯の要介護者が介護保険3施設に入所(入院)したときやショートステイを利用したときに、食費・部屋代の利用者負担は、所得に応じた定額(負担限度額)となります。軽減を受けるためには、尾張旭市に申請して交付される「介護保険負担限度額認定証」を、ご利用の施設・事業所に提示していただくことが必要です。
なお、軽減は、申請のあった日の属する月の分からとなります。それ以上遡って軽減することができませんので、施設等を利用し始める前にご申請ください。

食費・部屋代の負担限度額(日額)

<令和3年7月まで>

段階

部屋代

食費

ユニット型個室

ユニット型準個室

従来型個室(特養)

従来型個室(老健・療養)

多床室

第1段階

生活保護受給者又は
老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税

820円

490円

320円

490円

0円

300円

第2段階

本人及び世帯全員が市民税非課税であって、本人の合計所得金額と課税年金収入と非課税年金収入が80万以下

820円

490円

420円

490円

370円

390円

第3段階

本人及び世帯全員が市民税非課税であって、第2段階に非該当

1,310円

1,310円

820円

1,310円

370円

650円

  • 配偶者に住民税が課税されている場合には負担軽減の対象外となります。(世帯が同じかどうかは問いません。)
  • 預貯金等の金額を確認し、一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合には負担軽減の対象外となります。

<令和3年8月から>

利用者
負担段階

対象となる条件

部屋代

食費(ショートステイ)

収入等

預貯金額
(夫婦)

多床室

従来型個室

ユニット型個室的多床室

ユニット型個室

特養など

老健、
療養

特養など

老健、
療養

第1段階
  • 生活保護受給者
  • 世帯(世帯を分離している配偶者を含む。以下同じ)全員が市民税非課税である老齢福祉年金受給者
1,000万円(2,000万円)以下

0円

0円

320円

490円

490円

820円

300円(300円)

第2段階 世帯全員が市民税非課税 年金収入額+その他合計所得金額が80万円以下 650万円(1,650万円)以下

370円

370円

420円

490円

490円

820円

390円(600円)

第3段階1 年金収入額+その他合計所得金額が80万円超120万円以下 550万円(1,550万円)以下

370円

370円

820円

1,310円

1,310円

1,310円

650円(1,000円)

第3段階2 年金収入額+その他合計所得金額が120万円超 500万円(1,500万円)以下

370円

370円

820円

1,310円

1,310円

1,310円

1,360円(1,300円)

第4段階

上記以外のかた

食費、部屋代の軽減なし

  • 年金収入額には、非課税年金も含む。
  • 特養などには、特別養護老人ホーム(小規模なものを含む)、短期入所生活介護を含む。
  • 老健、療養には、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院、短期入所療養介護を含む。

お問い合わせ

健康福祉部長寿課介護保険係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8144