ホーム > 暮らしのガイド > 妊娠・出産・子育て > こどもの発達センターにこにこ

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

こどもの発達センターにこにこ

  • 開所日:月曜日から金曜日(にこにこ祝日・年末年始を除く)
  • 間:午前8時30分から午後5時まで
  • :0歳から18歳のお子さんとその保護者
  • 利用料:無料
  • 話:0561-53-6103
  • 所:保健福祉センター3階

新型コロナウイルス感染症対策のため、一部業務を縮小しています。また、今後予定している講座等も変更や中止となることがありますので、事前にお電話でお問い合わせください。

こどもの発達センターにこにこの事業内容

  • ことばの遅れ
  • 視線が合いづらい
  • 動き回ってじっとしていない
  • 集団でのトラブルが多い

子さんの発達に関する不安や悩み、関わり方について、教育、福祉、医療などの関係機関と連携し、一緒に考えていきます。

1.こどもの発達相談

  • 相談日:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
  • 間:午前8時30分から午後5時まで
  • 利用料:無料

にこにこスタッフによる、電話または面談での相談です。

談専用電話:0561-53-6103(直通)

2.医師による発達専門相談

  • 相談日:月2回(原則第2、第4水曜日)
  • 間:午後2時から、午後3時から、午後4時から(1日3コマ)
  • 利用料:無料

旭労災病院小児科医による面談での相談です。

事前にお電話で予約をしてください。

相談専用電話:0561-53-6103(直通)

3.ことばの専門相談

  • 相談日:月2回(原則第1、第3水曜日)
  • :午前9時から、午前10時から、午前11時から(1日3コマ)
  • 利用料:無料

語聴覚士による面談での相談です。

前にお電話で予約をしてください。

談専用電話:0561-53-6103(直通)

4.こどもの心理専門相談

  • 相談日:月1回(原則第4火曜日)
  • :午前9時から、午前10時から、午前11時から(1日3コマ)
  • 利用料:無料

床心理士による面談での相談です。

前にお電話で予約をしてください。

談専用電話:0561-53-6103(直通)

5.訪問相談

  • 相談日:随時
  • 間:随時
  • 利用料:無料

要に応じて保育園・学校等に伺います。

6.個別支援手帳「にこにこブック」の配布

  • 配布場所:こどもの発達センターにこにこ
  • 配布日時:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前8時30分から午後5時まで
  • 手帳料金:無料

張旭市オリジナルのサポートブックを「にこにこブック」といいます。

子さんの成長記録や支援方法などを支援者に伝えるためのツールのひとつです。

にこにこブック」はここからダウンロード

7.親子支援教室にこぴーの開催

子育て2

  • 開催日:週1回(原則毎週木曜日、連続8回程度)
  • 午前9時20分から、午前10時15分から、午前11時10分から(1日3コマ)
  • 利用料:無料

門の支援員とお子さんが遊ぶ姿を見ながら、育児方法や接し方を学んでいく教室です。

前にお電話で予約をしてください。

談専用電話:0561-53-6103(直通)

8.啓発事業や研修会の開催

達障がいへの理解を深めるための講演会や研修会を開催します。

新型コロナウイルス感染症対策のため、変更や中止となることがありますので、事前にお電話でお問い合わせください。

令和2年度の開催予定

事業名

日にち

時間

内容

ペアレントトレーニング(7回連続講座)

9月29日

10月13日27日

11月10日24日

12月8日

2月16日

全て火曜日

午前10時から正午まで 発達障がい又は発達に不安のあるお子さんの個性に合った関わり方を学びます。
にこにこ講座 9月28日月曜日 午前(時間未定)

音楽療法士を講師として、子どもの感覚を刺激し、成長・発達を促す関わり方を体験を通して学びます。

支援者向け研修 8月28日金曜日 午後1時30分から3時30分まで(予定)

教員、保育士等を対象として、発達障がいや子どもの支援方法について講義やグループワークを通して学びます。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども子育て部こども課こどもの発達センターにこにこ

尾張旭市新居町明才切57

電話番号:0561-53-6103