ホーム > 暮らしのガイド > 産業・観光 > 輪島市地域間交流事業

ここから本文です。

更新日:2020年3月17日

輪島市地域間交流事業

令和2年度輪島市白米千枚田バスツアー参加者募集について

今年も5月9日(土曜日)、10日(日曜日)に、石川県輪島市白米千枚田で田植えを行うバスツアーを行います。3月25日(水曜日)午後3時まで参加者を募集中です(所定の申込書を郵送又はFAX)。詳しくは尾張旭市観光協会ホームページをご覧ください。チラシ及び申込書は、観光協会ホームページからダウンロードできるほか、尾張旭まち案内及び市役所産業課で配布します。

広報おわりあさひ3月15日号に記載のある通り、チラシ及び申込書を公共施設で配布しておりますが、新型コロナウイルス感染症対策のため、ご自宅への郵送も行うこととしました。ご希望の方は市役所産業課までご連絡ください。

ツアーの行程で、5月9日(土曜日)に予定していた輪島市の交流会(希望者のみ自由参加)は、新型コロナウイルスの影響を鑑み、中止となりました。ご了承ください。

取組の経緯

尾張旭市は平成23年3月に石川県輪島市と「大規模災害時等における相互応援に関する協定」を締結しました。これを契機として、相互の地域間交流を図る取り組みを進めています。

 

交流実績

白米千枚田オーナー制度会員として田植え、稲刈りに参加

白米千枚田での田植え輪島市の取組んでいる白米千枚田のオーナー制度に市として会員となり、田植え事業及び稲刈り事業に市民を募り参加しています。風光明媚な場所で、昔ながらの農法を体感しながら、米一粒の大切さを深く知る。生涯忘れ得ない経験となります。

尾張旭市民祭で輪島市ブース出店

市民祭の輪島市ブース毎年10月に開催される尾張旭市民祭に、石川県輪島市から出店していただき、特産品の販売等を行っています。なかなかお目にかかれない海の幸は要チェック!

尾張旭市民祭に御陣乗太鼓出演

尾張旭市民祭の様子石川県の無形文化財である御陣乗太鼓を市民祭のイベント広場で披露しています。独特のお面をかぶっての鬼気迫る演奏は必見です。

田んぼイルミネーションの実施

皆さんに農業や田んぼに関心を持ってもらい、農地保全を図ることを目的として、12月に田んぼイルミネーションを実施しています。輪島市白米千枚田の「あぜのきらめき」でも使用されているペットボタルで、カラフルなLEDライトを駆使した絵を描きます。旭城やスカイワードあさひの展望室からご覧ください。

場所:城山公園南側の水田

令和2年度事業予定

白米千枚田田植え事業

5月9日(土曜日)、10日(日曜日)

参加者の募集は3月中

尾張旭市民祭

10月10日(土曜日)、11日(日曜日)

田んぼイルミネーション

12月

輪島市の事業紹介


お問い合わせ

市民生活部産業課にぎわい交流係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8137