ここから本文です。

更新日:2021年4月12日

森林の伐採

森林の保有者等は、地域森林計画の対象となっている民有林(保安林及び保安施設地区を除く。)の立木を伐採するには、あらかじめ、市町村の長に森林の所在場所、伐採面積、伐採方法、伐採齢、伐採後の造林の方法、期間及び樹種等を記載した伐採の届出書を提出しなければなりません。(森林法第10条の8第1項)
また、保安林指定されている森林を伐採しようとするには、都道府県知事の許可が必要になります。

(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村の長に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書を提出しなければなりません(森林法第10条の8第2項)。)

伐採及び伐採後の造林届出について

対象林

地域森林計画の対象民有林(保安林、保安施設地区を除く森林)
産業課備え付けの「地域森林計画図」を参照して下さい

届け出の時期

(1)伐採及び伐採後の造林の届出書:伐採を始める90日から30日前までの間

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書:(伐採及び)造林が完了した日から30日以内

手数料

無料

面積

転用伐採については1ヘクタール未満
(林業伐採について、面積制限は特になし)

1ヘクタールを超える開発行為の伐採は知事の許可が必要です
問い合わせ先
尾張農林水産事務所林務課(電話)052-961-7211(代表)

(1)伐採及び伐採後の造林の届出書

  • 複数の筆にわたる場合
  1. 複数の筆にわたる場合には、別紙(1)「内訳書」に記入してください。
  2. 伐採後に造林をする場合は、別紙(2)「伐採後の造林の計画」に記入してください。
  3. 天然更新をする場合は、別紙(2)「伐採後の造林の計画」に5年後において適確な更新がなされない場
    合の造林の計画を記入してください。

 

(2)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

添付書類(2部)

(1)伐採及び伐採後の造林の届出書

  • 位置図・・・位置を示して下さい
  • 地番図・・・公図等の写し
  • 伐採面積求積図
  • 年次別計画書(多年度となる場合に添付)
  • 土地所有者が確認できる書類・・・登記事項証明書等
  • 森林所有者等の住所が確認できる書類・・・住民票等
  • 同意書(申請者が森林所有者と異なる場合に添付)

届出窓口

市産業課農業支援室

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部産業課農業支援室

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8133