ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

第5回会議

「健康都市に関する懇談会」第5回会議の概要

1

会議名

「健康都市に関する懇談会」第5回会議

2

内容等

企画部次長あいさつ

(1)職務代理者の指名について

(2)健康づくり事業について

ア「元気まる測定」及び「ネットDE元気まる」

イ「らくらく貯筋教室」

ウ「ぴんぴん健康道場」

エ「山辺の散歩道」及び「矢田川の散歩道」

(3)その他

3

開催日時

平成20年2月21日(木曜日)午前10時~正午

4

開催場所

尾張旭市保健福祉センター外

5

出席した者の氏名

座長:和泉潤

構成員:緒方佐代子、伊藤寛、鈴木滝男、中山正三、樋口みよ志、堀祐子、屋田利雄、横井洋子、若林千津

事務局:水野秀樹、岡田諭、小池勲、臼井武男

6

懇談会の概要

下記参照

7

問い合わせ先

企画部秘書広報課健康都市推進室
電話番号:0561-76-8101(直通)
e-mail:healthycity@city.owariasahi.lg.jp

懇談会の概要

企画部次長あいさつ

「健康」をキーワードにしたまちづくりは、谷口市長のライフワークともいえる取り組みで、これまで市内外にアピールできるセールスポイントが少なかった尾張旭市のブランドの一つとして確立させるべく、体の健康だけでなく、まちそのものも健康な「健康都市」の実現を目標に掲げています。その目標を実現するために、市ではさまざまな健康づくり事業を実施していますので、本日は皆さんに実際に体験していただいて、いろいろとご意見を頂戴できればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします

前回会議の議事録の承認について

前回会議の議事録については、既に書面にて承認していただいたことを確認

新規構成員の紹介について

市自治連合協議会から、新たに旭丘連合自治会長である伊藤寛さんにご参加いただくことを報告

(1)職務代理者の指名について

職務代理者に屋田利雄氏(市体育指導委員会)を指名

(2)健康づくり事業について

(座長)本日の懇談会は、構成員の皆さんに、尾張旭市が実施している健康づくりに関する事業を実際に見ていただき、可能なものは体験していただくことによって、市民の取り組みを肌で感じていただきたいという事務局からの提案を受けて開催させていただきました。私自身、名古屋市に住んでおりまして、尾張旭市のことを知る機会はあまりありませんので、実際に市民の間でどんな健康づくり事業が実施されているのかとても興味があります。皆さんも積極的に質問等をしてください。では、事務局説明してください

事務局から、資料等に基づいて説明
「元気まる測定」について説明(説明用ビデオ視聴)

一人ひとりの生活習慣を問診し、その後、血圧などの健康状態のチェックと体力測定を行い健康度を評価し、各人に合った処方せんを作り、健康づくりをアドバイスします

具体的な流れは、以下のとおりです。

  1. 日頃の健康状態・生活習慣を26項目の問診項目でチェックする
  2. 当日の健康状態をチェックする(身長、体重、肥満度、血圧)
  3. 当日の体力測定を実施する(全身持久力、筋力、柔軟性、平衡バランス)
  4. 総合判定(上記の結果を総合的に判定し、生活習慣病の予防や健康的な生活を送るための処方せんを作る)

この「元気まる測定」は、平成13年10月の当保健福祉センターのオープン時から実施しており、平成20年1月末時点の受検者数は、延べ10,310人、実人数は6,223人です。

「ネットDE元気まる」について説明(実際の操作方法をDVDで視聴)。「元気まる測定」の簡易版として、インターネットで20項目の問診に答え、将来、生活習慣病になる危険度を確認します。子どもから大人までできますので、家族で楽しみながら体験してください。また、忙しいかたや家で過ごすことが多いかたにもお勧めです。

アクセス件数は、平成20年2月18日時点で、2,280件です。

→元気まる測定室へ移動
進展筋力測定器(アネロプレス)を体験

→いきいきホールへ移動
10メートル歩行を体験。

「らくらく貯筋体操」について説明。日常生活に支障はないが、自分の健康面や体力面に多少の不安を持っており、自ら運動する習慣を持っていない高齢者に、ごく軽い負荷を手足にかけた筋力トレーニングを行います。


実際に0.5kgのおもりをつけて体操の一部を体験。

「ぴんぴん健康道場」について説明。健康な40歳以上で、体力づくりのためのトレーニング機器により積極的にトレーニングを希望する者に、器具を利用したトレーニングを行い、さらなる体力・筋力アップを図ることを目的としています。

→総合体育館内トレーニングルームへ移動

トレーナーから各機器の使用方法の説明を受ける。

→矢田川の散歩道へ移動

矢田川河川敷左岸(西中学校付近)を見学。

矢田川は、尾張旭市の貴重な水辺空間であり、大切な環境資源です。平成18年9月にワークショップメンバーを中心とした有志が集まり、自主的な市民主催の会として「矢田川に親しむ会」を発足し、散歩道整備を進めています。

→山辺の散歩道へ移動

維摩池西側付近を見学。県森林公園に隣接した北部丘陵地「長洞の森」~水辺環境を整備した「維摩池」~総合公園「城山公園」を結ぶ全長約8kmの散歩道で、自然とふれあい、景観を楽しみながら散策できるウォーキングコースとして人気があります。

 

→市保健福祉センターへ戻る

(3)その他

(事務局)お渡しした資料の中に、本年度に実施した健康都市づくりに係る事業紹介が入れてありますのでご覧ください。


本日、体験していただいた「健康づくり事業」についてのご意見やご感想をいただきたいので、資料中の用紙にご記入くださるようお願いします。結果は、とりまとめた後、会議の概要と併せてお送りさせていただきます

 

 

お問い合わせ

企画部秘書課健康都市推進室

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8101