ホーム > 市政情報 > 健康都市 > 健康都市づくりの3本柱

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

健康都市づくりの3本柱

 

画像:健康都市づくりの3本柱



  • 「寝たきりにさせないまちづくり」、「外に出かけたくなるまちづくり」、「住み続けたくなるまちづくり」の3つの施策の方針が相乗効果を発揮し、まち全体で健康づくりを進めることによって、「健康都市尾張旭市」を目指します。

「寝たきりにさせないまちづくり」

市民の皆さんが自身の健康に関心を持ち、自分に合った健康づくりに取り組んで、いつまでも元気で自立した生活が送れるまちづくりを進めます。

「寝たきりにさせないまちづくり」詳細のページへ

「外に出かけたくなるまちづくり」

市民同士の交流や活動の機会を通じて、まちの中に仲間とのふれあいやぬくもりがあふれ、心身ともに充実した暮らしができ、だれもが積極的に外に出かけたくなるまちづくりを進めます。

「外に出かけたくなるまちづくり」詳細のページへ

「住み続けたくなるまちづくり」

自然が残った安らぎのある環境、安心して快適な生活ができるような環境を整備し、住宅都市としての魅力をさらに向上させ、市民の皆さんがいつまでも住み続けたくなるまちづくりを進めます。

「住み続けたくなるまちづくり」詳細のページへ

「健康都市」とは?

健康を個人の責任としてのみ捉えるのではなく、都市そのものを健康にしようとする考え方に基づき、従来ならば、保健、医療部門とは無縁であったかもしれない活動領域の人々にも、健康の問題に深く関わってもらい、都市住民の健康を支える都市の諸条件を整える仕組みを構築しようという取組です。

 

お問い合わせ

企画部秘書課健康都市推進室

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8101