ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

避難行動要支援者

出典「愛知県防災・減災お役立ちガイド」

避難行動要支援者(一人暮らしや寝たきりなどの高齢者、身体的、知的な障害を有する人など)に対する援助も必要です。災害が発生した場合、情報把握、避難、生活の確保などの活動を、的確かつ迅速に行いにくい立場に置かれてしまいます。私たち一人ひとりがお互いに協力しあい、地域が一丸となって積極的な支援を行えるよう心がけましょう。

 

高齢者・傷病者

援助が必要なときは、複数の人で対応する。
急を要するときは、ひもなどで背負い安全な場所まで避難する。

肢体の不自由な人

車椅子は、階段では必ず2人以上、できれば3~4人で援助する。
上がるときは前向きに、下がるときは後ろ向きにして恐怖感を与えないように。
とっさの脱出、避難の際に救援者が2人以上いるとは限らない。ひもなどで背負い、救援者の両手は自由がきくようにする。
耳が不自由な人

話をするときはまっすぐ顔を向け、口はなるべく大きく動かして話す。
筆談(筆記法)は手のひらに指先で文字を書くやり方でもよい。

目の不自由な人

杖を持った方の手はとらない。
手先や手首を持たないでひじのあたりに軽く触れて、ゆっくり歩く。
方向や目の前の位置などは、時計の文字盤の位置を想定して伝える。
外国人・旅行者

とっさのときは、身振り手振りで話かけ、孤立させないようにする。
旅先では非常口の確認を。


 


 

お問い合わせ

総務部災害対策室災害対策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8127