ここから本文です。

更新日:2020年7月16日

歴史民俗フロア

尾張旭市の歴史や遺跡、お祭り、昔の道具などを紹介する施設です。常設展示のほかに、考古企画展、民具企画展などがあります。また、市民の皆さんから寄贈していただいた民具等を季節ごとに入れ替えて、ご紹介するコーナーもあります。
また市では、家庭で使われていた道具や民具、昔の市内の様子がわかる写真、古い文書や日記などを収集しています。ご寄贈いただけるものがありましたら、文化スポーツ課文化振興係までお知らせください。

skyward

歴史民俗フロアの利用再開について

令和2年6月1日より、歴史民俗フロアの利用を再開いたします。

利用の際は、マスクの着用や他の利用者との距離を保つ等の感染症防止対策に御協力ください。

歴史民俗フロア施設情報

紹介動画

歴史民俗フロアを紹介する動画を作成しました。

常設展示コーナー

「馬の塔」の標具をはじめ、無形民俗文化財の道具や写真、市内遺跡からの出土品などを展示しています。

フロアマップ

1.弥生時代―長坂遺跡―

尾張旭市内で見つかっている中で、最も古い遺跡である長坂遺跡の出土品を展示しています。

長坂2

長坂1

2.古墳時代―天狗岩古墳、印場大塚古墳、長坂古墳

尾張旭市内の古墳から見つかった埴輪や須恵器、鉄刀などを展示しています。また、長坂古墳の地層のはぎとりも展示しています。

天狗岩

印場大塚

3.中世―窯跡・城跡―

中世の窯跡や城跡からの出土品などを展示しています。

中世

4.無形民俗文化財―馬の塔・棒の手・打ちはやし・ざい踊り

馬の塔・棒の手に使われる道具の展示や、打ちはやし・ざい踊りの写真パネルを見ることができます。

馬の塔

無形写真

棒の手

5.円空仏 

円空は、江戸時代に諸国をめぐって、仏像を彫った僧で、円空が彫った仏像を一般に円空仏と呼んでいます。ここでは、尾張旭市指定文化財でもある、5体の円空仏を見ることができます。

尾張旭市指定文化財第2号円空仏

6.村絵図

江戸時代に村ごとで描かれた絵図のレプリカを展示しています。

村絵図

村絵図拡大

7.文化財写真

尾張旭市内の市指定文化財・県指定文化財・国の登録文化財の写真を展示しています。

文化財写真

8.埋蔵文化財マップ

尾張旭市内の埋蔵文化財の位置を地図に示しています。また、それぞれの解説も見ることができます。

埋蔵文化財マップ

ワークシート

歴史民俗フロアにはワークシートを設置しています。

下記リンクから、ダウンロードして使っていただくこともできます。

歴史民俗フロアワークシート初級編(PDF:252KB)

歴史民俗フロアワークシート中級編(PDF:317KB)

歴史民俗フロアワークシート上級編(PDF:475KB)

民具企画展

「あさひの暮らしを支えた農産物」

明治時代になり、農家の暮らしは米・麦作中心から、

副業を行い現金収入を得る暮らしへと変わっていきます。

「葉タバコ」や「日の丸すいか」など、戦前戦後の旧旭村・旭町時代に、

人々の暮らしを支えた農産物にスポットを当てて紹介します。

第38回民具企画展

会期:令和元年10月12日(土曜日)から令和2年9月30日(水曜日)まで

mini民具企画展

「夏の民具―涼をとる工夫―」

昭和の中ごろまで使われていた夏の道具を展示しています。

夏の民具

会期:令和2年7月16日(木曜日)から令和2年9月1日(火曜日)まで

考古企画展

「古代山田郡と渋川遺跡」
渋川遺跡など律令期の遺跡に焦点を当て、古代山田郡について紹介する展示を行います。

考古企画展元年度

会期:令和2年2月25日(火曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

施設情報 

  • 利用時間

    午前9時から午後5時まで

  • 所在地

    スカイワードあさひ3階(尾張旭市城山町長池下4517番地1)

  • 休館日

    12月29日~1月3日(このほか臨時で休館する場合があります。)

  • Adobe Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    お問い合わせ

    教育委員会文化スポーツ課文化振興係

    尾張旭市東大道町原田2600-1

    電話番号:0561-53-1144