ここから本文です。

更新日:2015年10月2日

市誌編さん

 

市誌の発刊

市制40周年(平成22年)の発刊を目指して、平成14年度から市制施行以後の尾張旭市の歴史を対象とした市誌の編さん作業に着手し、『尾張旭市誌現代史編』『尾張旭市誌現代史資料編』を発刊いたしました。


●『尾張旭市誌現代史資料編』(平成24年9月発刊)

『資料編』には、市制施行に関する資料や歴代市長の施政方針などの市の歩みを語る資料と、既刊の市誌にも収録されていない町村期の貴重な資料、例えば、終戦直後の農産物の供出や配給事情が分かる文書なども掲載しています。
公文書や会議録は、ほぼ原文のまま収録しておりますので、資料から当時の様子をじかに読み取ることができます。また、各章ごとに執筆者による丁寧な資料解説も掲載しております。

『現代史資料編』目次  
第1.部人口・面積
第2.部行財政
第1章市制施行と総合計画
第2章施政方針と財政
第3章都市計画とまちづくり
第4章選挙
第3.部産業
第1章農業
第2章商工業
第3章交通・通信
第4.部市民生活
第1章健康と福祉
第2章安全と安心
第3章市民団体
第5.部教育・文化
第1章教育
第2章文化
尾張旭市年表(1970~2011年)
付録
尾張旭市新町名確定図(1970年)

販売価格5,000円


『現代史資料編』口絵より「旭町鳥瞰図」(昭和32年頃)


●『尾張旭市誌現代史編』(平成23年3月発刊)

『現代史編』では、1970(昭和45)年の市制施行の前史から、2010年に市制40周年を迎えた現代の尾張旭市までを取り扱っています。
高度経済成長期のピークに町から市となり、今なお人口増加を見せる住宅都市としての姿や、まち全体が健康になることを目指す「健康都市」への取り組みなど、現在までの市政の歩みを描き出すだけでなく、市民の皆さんや市内企業の活動も取り上げています。

『尾張旭市誌現代史編』目次
序章旭村、旭町から尾張旭市へ
第一章市制施行と市行政の展開-都市計画と市政の歩み-
第二章市財政と市民サービス
第三章農業
第四章商工業
第五章都市化と住民の様々な活動
第六章安全・安心のまちづくりと市民意識
第七章教育
第八章伝統文化の継承と新たな文化活動

※販売価格5,000円


販売場所化スポーツ課文化振興係

市立図書館(電話53-5544)


●図書館や市内主要公共施設に設置もいたしますので、既刊の市誌とともにご活用ください。

市誌書籍名 発行年 販売価格
尾張旭市誌 昭和46年 4,200円
尾張旭市誌資料編
尾張旭市誌文化財編 昭和55年 3,800円
尾張旭市誌現代史編 平成23年 5,000円
尾張旭市誌現代史資料編 平成24年 5,000円


●市では、尾張旭の歴史に関わりある文書、手紙、写真等を収集しています。

ご寄贈いただける方は係までお知らせください。

●市誌以外にも販売している書籍等があります。こちら(書籍一覧)をご覧ください。

 

 

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144