ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ・市民活動 > 教育 > 学校給食センター > 学校給食における食物アレルギーの対応について

ここから本文です。

更新日:2019年1月16日

学校給食における食物アレルギーの対応について

物アレルギーのある児童生徒が、学校生活を安全・安心に過ごせるように、学校給食の中でも可能な範囲で対応を行っています。

物アレルギーは、意識障害や呼吸困難などの生命にかかわる重篤な症状を引き起こすこともあるため、医師の診断をもとに、保護者と連携して慎重に対応していく必要があります。

校給食での対応が必要な場合は、所定の書類(申請書等)を学校に提出していただき、学校及び給食センターとの面談を受けていただいた上で、対応を決定します。

なお、申請書等は、学校にも備えてあります。

新規にアレルギー対応給食を希望する方(新入学・転入・在学中児童生徒)

食物アレルギーがあり、アレルギー対応給食を新規に希望する方は、次の書類を提出してください。

<医師の記入が必要>

<保護者が記入>

継続してアレルギー対応給食の提供を希望する方

童生徒の成長に伴い、アレルギー症状が変化したり、新たに発症したりする場合がありますので、できる限り定期的に専門医を受診していただくとともに、対応内容の変更の有無にかかわらず、毎年、次の書類を提出してください。ただし、対応内容が変わる場合は、年度の途中であっても、必要な書類を提出してください。

対応内容が変わらない場合

<医師の記入が必要>

<保護者が記入>

対応内容が変わる場合

<医師の記入が必要>

<保護者が記入>

アレルギー対応給食の中止を希望する方

物アレルギーが解消し、学校給食における対応が必要でなくなったときは、次の書類を提出してください。この場合は、面談を受けていただく必要はありません。

<保護者が記入>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育行政課学校給食センター

尾張旭市旭前町新田洞5005-6

電話番号:0561-53-2971