ホーム > 暮らしのガイド > 産業・観光 > 農業 > 田んぼイルミネーション

ここから本文です。

更新日:2019年11月29日

田んぼイルミネーション

今年度は11月23日から12月25日までの期間で実施します。旭城4階展望室からどなたでも無料でご覧いただけます!!

期間中、旭城は午後9時まで開館しています。ぜひ一度見に来てください!!

今年度の田んぼイルミネーション→詳しくはこちら【今年度の田んぼイルミネーション】

あさぴー1

アクセス

場所 城山公園旭城(観覧場所:4階展望室)
住所 尾張旭市城山町長池下4502番地(ページ最下部に地図あり
アクセス方法

名鉄瀬戸線「尾張旭駅」から徒歩約15分、又は市営バスあさぴー号「城山公園」停留所から徒歩約3分

お車でお越しの場合は、城山公園内に駐車場あり(無料)

田んぼイルミネーションとは

田んぼイルミネーションは、6色約3,000本のLED装置「ペットボタル」を田んぼに植えてイラストを描く事業です。

冬にも田んぼに目を向けてもらい、農業に興味を持ってもらうことを目的に、城山街道沿い、旭城の南側の田んぼで実施しています。

 

本市が防災協定を締結している、石川県輪島市の「あぜのきらめき」事業を参考に平成25年度から実施しています。

田んぼイルミネーションは、城山公園旭城4階展望室から、最もきれいに見えるよう設計されています。「ペットボタル」と呼ばれるLED装置が、日中の太陽光で蓄電し、日没後約4時間自動点灯します。

光るペットボタル

田んぼイルミネーションができるまで

田んぼイルミネーションは、LED装置「ペットボタル」に、みなさんの夢や願い事を書いたメッセージカードを入れることで完成します。

メッセージカードが入ったペットボタルを私たちは「ユメの苗」と呼んでいます。

ペットボタルインメッセージメッセージカード

「ユメの苗」植えイベント

今年度は、11月23日(土曜日)に「ユメの苗」植えイベントを実施しました。

市内在住の親子60組にご参加いただき、それぞれの思いを込めたメッセージカード入りの「ユメの苗」を植えていただきました。

みなさんのご協力によりイルミネーションを完成させることができました!

【イベントの様子】

苗植え2019苗植え2019-2irumipi-

今年度の田んぼイルミネーション

令和年度田んぼイルミネーションのイラストは「コスモスと旭城」です。

尾張旭市の伝統芸能である棒の手を演技するあさぴーと秋の風物詩である城山街道沿いのコスモス畑をイメージしています。

【令和元年度イラストイメージ】

田んぼイルミイラスト2019

「白・黄・橙・緑・水色・ピンク」の6色、約3,400本のペットボタルを使っています。ぜひ旭城4階展望室に見に行ってくださいね。

これまでの田んぼイルミネーション

平成25年度から現在までに実施された田んぼイルミネーションを紹介します。

当初は4色、1筆の田んぼで始まった田んぼイルミネーションですが、今では6色に増やし、面積も1.7倍に拡大して実施しています。

 

平成30年度

「全国植樹祭をPR」

tanboirumi2018

 

平成29年度

「おわりあさひをPR」

tanboirumi2017

 

平成28年度

「大好きなまち尾張旭」

28irumi

 

平成27年度

「尾張旭市制45周年&名鉄瀬戸電110周年」

27irumi

 

平成26年度

「ジングルベル・虹の架け橋」

26irumi

 

平成25年度

「あさぴーとクリスマス」

25irumi

地図 

 

お問い合わせ

市民生活部産業課農政係

尾張旭市東大道町2600-1

電話番号:0561-76-8133