ホーム > 暮らしのガイド > 防災・防犯・安全 > 防災 > その他防災情報 > 台風の接近などに伴う公共施設の臨時休館等について

ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

台風の接近などに伴う公共施設の臨時休館等について

尾張旭市では、台風の接近に伴う暴風雨などにより災害が発生するおそれがある場合に、市民や施設利用者の安全を確保し避難行動を優先してもらうため、以下の基準により原則”臨時休館”します。皆さまの御理解と御協力をよろしくお願いします。

基準の対象となる公共施設

スカイワードあさひ、旭城、新池交流館・ふらっと、城山コミュニティセンター、ふれあい会館、東部市民センター、勤労福祉会館(渋川福祉センター)、宮浦会館、リサイクル広場、老人いこいの家、多世代交流館いきいき、児童館、市営バス、公民館、図書館、文化会館、どうだん亭、古民家、体育施設

臨時休館等の基準

1.次のいずれかの場合は、公共施設を臨時休館とします。

  • 暴風・各種特別警報が発表された場合
  • 市が警戒レベル3(避難準備・高齢者等避難開始)以上を発令した場合

気象庁が発表します「警戒レベル相当情報」とは異なりますので、ご注意ください。

警戒レベルに関するチラシ(内閣府・消防庁作成)(PDF:1,627KB)

2.1に加え、次の公共施設については、それぞれに掲げる状況に応じて臨時休館等とします。

  • 市営バス

続する交通事業者の運行状況及び市営バス運行事業者との協議結果等を踏まえて運行中止とします。

  • 市民プール

大雨・洪水警報が発表された時点で臨時休場とします。

  • 地域避難所施設(公民館)

避難所の開設を決定した時点で臨時休館とします。

3.施設の利用状況に応じて、適時施設内での待機等にも配慮します。

再開館の基準

暴風警報・各種特別警報又は警戒レベル3以上が解除され、施設の安全が確認できた場合に再開館します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部災害対策室災害対策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8127