ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症初期集中支援チーム

ここから本文です。

更新日:2020年12月8日

認知症初期集中支援チーム

専門的な知識を持つ認知症サポート医、地域包括支援センターの社会福祉士と保健師、看護師などにより構成される認知症の支援チームです。

どんな支援をするのか?

認知症の症状などでお困りの方の自宅を訪問し、相談に応じます。例えば「認知症かもしれないけど病院に行こうとしない」方などを必要により医療や介護サービスの利用につなげたり、生活環境等を整えることを目的に最長6か月を目安に本人や家族に合わせたサポート、助言を合わせたサポート、助言を包括的かつ集中的に行います。

対象者

自宅で生活している40歳以上の方で、次のいずれかに該当する方

(1)認知症が疑われる方

(2)認知症の方で医療サービス・介護サービスを受けていない方(サービスを中断している方も含む)

申請・お問い合わせ

尾張旭市地域包括支援センター

電話:0561-55-0654

FAX:0561-51-1880



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部長寿課長寿支援係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8143