ここから本文です。

更新日:2020年4月13日

新居城跡

現在の城山公園には、室町時代に築城されたと思われる「新居城」がありました。

新居城は、旧新居村の開拓の祖である水野又太郎良春(みずのまたたろうよしはる)の子孫、水野雅楽頭宗国(みずのうたのかみむねくに)が築いたものだと伝えられています。宗国は、大森城主尾関氏と戦をし、大森村と新居村を含む25か村を支配したと伝えられています。

新居城は、室町時代の城跡であり、石垣や天守閣のある城ではありませんが、土塁と堀が見つかっており、その一部が保存されています。土塁の跡は、今も城山公園の中(弓道場の東あたり)で見ることができます。また、平成28年に行われた調査では、新居城の堀は、深さ約5m、幅約8mほどあったことが分かりました。これは、市内のお城では最大級のものです。

 

新居城土塁跡

新居城土塁跡(城山公園内)

所在地
尾張旭市城山町長池下(城山公園内)

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144