ここから本文です。

更新日:2018年8月10日

洞光院

洞光院は、地元では、通称「西寺」とも呼ばれて親しまれています。旧新居村には、洞光院と退養寺の二つの寺があったことからそう呼ばれます。宝暦三年(1753年)の「輝本山洞光禅寺由緒記」には、永禄元年(1558年)に建立されたと記されています。

洞光院には、小牧長久手の戦いの折に市内南部の白山林に停留していた三好秀次軍の食糧調達を断りに行き、惨殺された無二流棒の手の師匠水野吉平と禰宜の谷口菊三郎を慰める棒塚があります。また、江戸時代に書かれた『張州雑誌』など多くの書物に登場する「柳井」は、今も水をたたえています。

洞光院

所在地
尾張旭市新居町山の田3219

 


 

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144