ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

水野又太郎良春の墓

水野又太郎良春は、南北朝時代に奈良県吉野の金峰山寺の僧兵で、南朝方として戦っていましたが、父祖の地である志段味(名古屋市守山区)に帰ったのち、山を越えて新居村を開きました。良春には「無二」という別名もあり、尾張旭市の棒の手(県指定無形文化財)の無二流の名はここからきています。

水野又太郎良春の菩提寺である退養寺の裏山には、良春とその一族の墓と伝えられる宝篋印塔と五輪塔があります。

水野又太郎の墓

水野又太郎とその一族の墓とされる宝篋印塔と五輪塔

水野又太郎良春の墓

所在地
尾張旭市尾張旭市新居町寺田2955-1付近

 

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144