ここから本文です。

更新日:2018年2月2日

直会神社

西中学校の西隣に直会神社(なおらいじんじゃ)があります。地元の人からは、「のうらいさん」とか「にょうらいさん」と呼ばれ親しまれています。ここは、悠紀斎田の直会の儀式が営まれた社殿の跡と伝えられています。悠紀斎田とは、天皇が即位するときに行われる大嘗祭に献上するお米を作る田のことを言います。そして、直会とは、お祭りの時に、神様にお供えしたお酒や食べ物を、ありがたい御下がりものとして、みんなでいただく儀式で、現在でも様々なお祭りの後に行われています。

また、直会の神様は穢(けがれ)を祓う神様なので、できものを治してくださる神様として知られています。

現在でも、3月と12月の第一日曜日の例祭には、庄中地区や印場北島地区の打ちはやし(市指定文化財)やお神楽、鳳采会のざい踊り(市指定文化財)が奉納されます。

直会神社

所在地
尾張旭市渋川町3丁目(西中学校西隣)

お問い合わせ

教育委員会文化スポーツ課文化振興係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-53-1144