ホーム > 暮らしのガイド > 消防 > 紹介 > 少年少女消防団

ここから本文です。

更新日:2021年1月21日

少年少女消防団

市内の児童を対象とした組織で、命や暮らしを守ることの大切さを学ぶとともに、地域と関わりを持ち、消防関係者と交流することで人間形成の育成や地域社会へ貢献することをはじめ、大地震や災害に備えて自分たちができることを考え行動し、災害等発生時に適切な対応ができることを目指します。

平成25年の結団より8年目を迎え、令和2年4月1日時点で小学校5年生から高校3年生までの計62名が在団しています。

活動について

部活動や習い事と並行して活動していただけるよう、月に1、2回程度、土日を中心に活動しています。

また、活動に必要な活動服やベルト、キャップ、Tシャツなどは貸与させていただきます。

活動例

少年少女消防団で行っている活動の一部を紹介します。

入団式nyuudansiki

新入団員は消防長より少年少女消防団員として任命され、団員としての活動が始まります。

観閲式での訓練披露kanetu

消防団観閲式にて、初期消火や怪我人の搬送、救命処置など日頃の訓練を披露します。

着衣泳講習tyakuiei

衣類を身に着けた状態で水に落ちた際に、落ち着いて身を守るための行動ができるようにします。

花火講習会hanabi

花火の仕組みや安全な使用方法などを、楽しく学びます。

少年消防クラブ交流会zenkoku

全国の少年消防クラブ員と、合同訓練や避難所体験などを通し、親睦を深めます。

市総合防災訓練bousai

訓練参加者に対し、ロープ結策や消火器の取り扱いなどの指導を実施します。

消防ひろばhiroba

毎年10月に開催される消防ひろばでは、様々なブースの運営補助を行っています。

広報活動kouhou

火災予防運動期間中や年末には、火災防止の呼びかけを行い、まちを守ります。

消防署体験taiken

実際に消防士の仕事を体験し、消防への関心と、防火・防災意識の高揚を図ります。

入団について

現在、少年少女消防団の入団対象者は市内在住の小学校5、6年生となっています。

毎年2月ごろ、4月より小学校5、6年生になる児童に対し、入団に関するプリントを学校から配布させていただいておりますので、そのプリントに沿って入団手続きをしてくださいますようよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

消防本部消防総務課人事教養係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0861