ホーム > 暮らしのガイド > 消防 > 紹介 > あさひAEDサポート

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

あさひAEDサポート

消防本部では、市内に設置されているAEDが、いざという時に救命現場で有効に活用できるようAEDの貸出・登録・管理支援といった3つの取組を基本に、尾張旭市の安全で安心なまちづくりのため、AEDの有効活用を推進・サポートします。その一環として、平成26年5月1日から市内コンビニエンスストア全店にAEDを設置、平成28年7月1日から一部の公共施設のAEDを屋外設置し、24時間いつでもだれでもAEDを活用できるよう整備をしました。

 

AEDサポート

【貸出制度】:市内で開催するイベントなどにAEDを無料で貸し出しします。

 

 

【登録制度】:市内のAED設置施設を登録し、有効活用できるよう公表します。

施設のAEDを地域のAEDとして有効活用できるよう、公共施設の他、ご協力いただける事業所等にAED設置施設として登録いただいております。

下のマップおよび一覧表をご活用ください

「AED設置場所の地図検索」について

ページ上部から「地図検索」ページに移動し、施設種別でAED設置場所バナー画像を選択してください。もしくは「AED設置場所の地図検索」をクリック。施設ごとのページも見られます。)

 (愛知県の取り組みである「あいちAEDマップ」もご活用ください)→スマートフォン用ウェブサイトについて(PDF:186KB)

 

【管理支援】:市内に設置されているAEDが適切な管理ができるよう支援します。

  • 対象:登録要綱に基づき登録された施設
  • リコール等の情報提供
  • 日常点検等の励行

【コンビニAED】市内の全コンビニエンスストアにAEDを設置しています。

尾張旭市は、コンビニエンスストア企業の理解と協力を得て、平成26年度5月1日から市内のコンビニエンスストア全店舗にいつでもだれでも使用できるAEDを設置しました。

コンビニエンスストアは、地域の方に認識度が高く、市内に点在し、24時間営業する施設であるということから、AEDを設置する上で非常に有効な場所です。コンビニエンスストアのAEDが救急車の到着前に皆様に活用されることで救命率の向上を図ることができます。必要な時には自由に御利用ください。

また、消防署にてAEDの取扱いを含む救命講習を実施しておりますので、ぜひご活用ください。

各店舗のご協力により消防本部のAEDを設置させていただいております。取りにいった方々で使用してください。

※平成27年8月に市民がコンビニAEDを活用し、救命につながる奏功事例がありました。いざというときに勇気を持って使用できるよう、近くの設置場所や取り扱いについて確認しておきましょう。

 店舗内のAED及び設置店舗を示すステッカー

supe-su設置状況supe-suステッカー

【AED屋外設置】一部公共施設のAEDを屋外設置しました。

尾張旭市では、コンビニAEDなどいつでもAEDを利用する環境づくりを進めています。コンビニなどが身近になく、いつでもAEDを利用することが難しい地域の公共施設および全ての小中学校について、平成28年7月1日からAEDを屋外設置しました。だれでもAEDが利用できるAED設置登録施設の状況は、上記登録制度で御確認いただけます。AED屋外ボックス設置状況(霞ヶ丘ふれあい会館)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部消防総務課庶務係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0860