ホーム > 市政情報 > 市議会 > 傍聴・請願・陳情 > 請願・陳情について

ここから本文です。

更新日:2020年3月10日

請願・陳情について

請願・陳情

市政などについての意見や要望があるときは、どなたでも請願書・陳情書を市議会に提出することができます。
請願は、市議会議員1人以上の紹介が必要となりますが、陳情は必要ありません。

提出の方法

請願書等の受付は、市役所開庁日の午前8時30分から午後5時15分まで議会事務局(北庁舎4階)で行っていますので、直接お持ちください。なお、定例会前に締切日(会議等のお知らせをご覧ください)を設けており、それまでに提出された請願・陳情が直後の定例会での審議対象になります。

請願書・陳情書記入例

内容が2個以上に渡る場合は、それぞれ分けて提出してください。

注意事項

以下のすべてに該当しないものにつきましては、請願・陳情として取り扱いません。よくご確認の上、提出してください。

  1. 代表者の氏名、押印及び住所が明記されていること
    (請願等を行うものが複数の場合、別紙に添付されている賛同署名者の押印は必要ありません。)
  2. 請願等の趣旨と項目が明記されていること
  3. 議会事務局へ直接持参されたもの(郵送、電子メールなどは不可)
  4. 地方自治法第99条による意見書の提出を求めるものは意見書(案)、決議を求めるものは決議(案)が添付されていること

また、次の内容の陳情については、取り扱わない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 司法権の独立を侵害するもの
  • 個人・法人の名誉・プライバシーを侵害するもの
  • 願意がすでに立法化されたり、行政指導等によって実現されたりしたもの
  • このほか、議会運営委員会の判断により取り扱わないとされたもの

趣旨説明制度

提出者の希望により、請願・陳情の趣旨説明を行うことができます。
説明時間はおおむね5分以内で、出席できる人数は1件につき2人までです。
趣旨説明を行っていただいたのち、委員から質問があった場合には答えていただきます。
請願・陳情の受付時に、趣旨説明制度の希望の有無をお聞きします。

詳細については、議会事務局までお問い合わせください。

提出後の流れ

  1. 請願書(陳情書)の提出
  2. 受理
  3. 請願書:議会運営委員会で付託委員会の協議
    陳情書:議会運営委員会で上程の可否・付託先委員会の協議
  4. 本会議上程・委員会付託
  5. 委員会審査
  6. 本会議で委員会審査結果報告
  7. 本会議議決
  8. 請願者(陳情者)へ結果通知

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局議事課議事係・庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8186